スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短めのお話をまとめてご紹介②

2013.05.18.Sat.23:10
トカゲなわたし (かなん 様)
 トカゲ人間の国に、絶世の美少女(※ただしトカゲ基準)として転生してしまった女性の受難。コメディ……なのかはさておき、読後感はほのぼの。前中後編+番外編で完結済。
 見たことあるお名前だなーと思ったら、「あるりゅうにそだてられたこどものはなし」の方でした。なろうさんでも活動されてたんですね。

勇者と魔王が相部屋になりました (福山陽士 様)
 ある村の宿屋で相部屋になった勇者と魔王。あらすじに「チャラい魔王」とありますが、チャラいというより、HENTAI☆ ですありがとうございます。純情勇者がかわいい。全九話。

賢者の部屋の秘密  (蒼山れい 様)
 長らく親が支援してきた居候魔術師の部屋に、あるものを探しに来た令嬢のお話。
 年の差、身分差、ツンデレ強気少女 等のキーワードにきゅぴーんときたら、即クリック。本編より甘い後日談が読みたい。全三話。

短めのお話をまとめてご紹介①

2013.04.25.Thu.00:11
ノスタルジア (杏野丞 様)
 兄と妹の、季節折々の風景を切り取った、和風の作品。言葉使いが美しいです。短編連作、全七話。
 同じ方の現代FT、「路地裏デーモン」もおすすめ。こちらは全九話。

ひとしずくの時間 (猫に小判 様)
 ヒロインとヒーローの関係が好きだなー。ヒーローは謎めいていて、残酷で、でも、それすらもまるっと受け入れるヒロイン。その距離感というか、絆というか。じんわり好みでした。全九話。

皇帝陛下の猫 (縞白 様) 【R15】
 タイトルで、「どうせ甘々トリップものだろ!」とか思ってたら、まったく違いました。笑。
 転生し、魔法で動く機械人形の中に入った「私」。その語り口が非常に無機質で、FTなのに、何となくSFっぽい印象。恋愛要素はなし、残酷表現があるので注意。全四話。義妹勇者のひと。

お姫様になりたいとお前が言ったから、今日は即位記念日 (氷純 様)
 異世界転生ものの短編。成り上がる(?)主人公が、すがすがしいまでにかっこいいです。かしら、うそつかない。

短編四作おすすめ。

2010.09.24.Fri.11:26
 ちょっぴりご無沙汰してました。今回のご紹介はおすすめ短編詰め合わせ。どれもこれも面白いのでぜひ!!

シレーヌの封蝋
(掲載サイト:爆走ストルイピンカ 盲管 様)
 古代ギリシャが舞台。一人の女性の視点から、彼女の恋人や家族が語られます。短い中に、どの時代、どの文化に属した人でも共感できる普遍的な感情が描かれてるんではないかと・・・! 非常に完成度の高い、味わい深い短編です。

決戦は翌々日
(掲載サイト:ぬくぬくぬるま湯 真月 様)
 少し季節はずれですが、バレンタインデーのお話です。長年友達関係を続けてきた同僚に、どうやってチョコレートを渡そうか悩む主人公がかわいいです 男性視点の後日談(ホワイトデー)とセットでどうぞ!
 こちらのサイト様には他にバレンタイン短編が二作あって、そちらもおすすめです。INDEX→現代→「決戦は翌々日」とお進みください。

新世紀ビジネスドッグ学園 ~もしも飼い犬がドラッカーを読んだら~
(掲載サイト:犬祭4 sleepdog 様)
 僕っ娘な犬の一人称(笑) 飼い主の恋を応援するわんこの奮闘を描いた近未来SFなコメディ。甘酸っぱいお話でこれまたかーわいい。いろんなネタが詰めこまれてます! 「チェリー」にすっげ笑ったw
 「犬祭4」参加作品。

座敷わらしのテリトリー
(掲載サイト:ライトノベル作法研究所 Ei 様)
 幼女な座敷わらしと主人公の軽妙なやりとりが楽しいw さくっと読めておすすめ。

短編三作のご紹介!

2010.07.01.Thu.12:18
 日本代表は本当お疲れ様でした。PKは負けじゃない。引分なんだ。その昔、イタリアのスーパースター、バッジオだって決勝で外したし、あれはもう運としかいい様がないです。いい試合が見れて楽しかったです!
 ・・・けれど、おとこたちのたたかいはまだまだつづく!! ワールドカップが終わるまで、あまり更新できないと思います、ごめんなさい。
 なので今回は、時代っぽい雰囲気の短編三作のご紹介です。

エバーラスト
(掲載サイト:ライトノベル作法研究所 コザカナ 様)
 二十世紀を飄々と渡り歩いた、元ロシア貴族の男の回想。短い中にさまざまなエピソードやディテールがぎゅっと詰まった作品。文学的なほろ苦さが漂います。


(掲載サイト:Crooked 100 Miles 土岐百哩 様)
10/11/02 改装に伴い作品を下げられたようです。
 革命前夜の、追われる男と食堂の娘。この方の書かれる文章の静謐な雰囲気がすごーーく好きです。タイトルの 「毒」 がいい感じに効いてる!

雲想
(掲載サイト:遠離意恋~Only Love~ ケイト 様)
 江戸末期をモチーフにした架空のお話。究極の純愛に全私が泣いた。ちょうないた。読後の余韻が切な痛いです。おすすめ!

短編三作品

2010.04.04.Sun.14:19
 ブログ始める前は短編をほとんど読まなかったのですが、今はすっかり短編スキーです。初めてお邪魔するサイト様とか、長編に入る前に短編を読んで 「どんな作風なのかなぁ」 と雰囲気を見てみたりします。
 さて、今回はそんな素敵な短編三作品をご紹介いたします

王妃と影妃
(掲載サイト:Crown 深森浅羽 様)
 一人の王と、二人の妃の物語。影妃の心情を想像すると切ないけれど、とても美しいお話だと思いました。静かな余韻が残ります。関連作 「記されぬ名」、「影妃の葬列」 もおすすめ。

白と赤のガリアード
(松木響子 様)
 エリザベス女王の時代をモチーフにした、女錬金術師が主人公のFT。以前、特設②でご紹介した 「公主と鸚鵡」 は短編ながら重厚な雰囲気がすごいと思った作品でしたが、同じ作者様のこちらも大変おもしろかったです。

天然少年ピアニスト
(掲載サイト:imitation beauty 佐東汐 様)
 現代ものの短編。自分の年齢で乙女心とか言うと石投げられそうですけど こ れ は と き め い た!! ほんのり漂う少年の色気が素敵!

短編三つ!

2010.02.22.Mon.09:14

 今後、短編は新カテゴリーにて何作かまとめてご紹介いたします さて今回は、お気に入りの短編を三作ご紹介! さくっと読めますのでぜひどうぞ。

毒吐きバスタイム
(掲載サイト:青海堂 アヲ 様)
 元カノと長電話する彼氏に、素直に止めてと言えない彼女が、なんて言いますかもう。すっごい可愛いです。ほのぼのする短編。腹黒風味な彼氏に萌え

IT'S A SHOW TIME!
(掲載サイト:立花 楠園冬樺 様)
 現代FT連作。居酒屋 「吉祥」 に現れる、まっちょフンドシのおかしな生き物 (妖精?)、『やなり』 が可愛い! 豆乳で餌付けしたい(笑) レトロっぽくもあり、近未来っぽくもある雰囲気がツボ! Top → Works → IT'S A SHOW TIME! とお進みください。

そして彼女は人になる
(掲載サイト:GO MAD 三郷せの 様)
 「日課の告白」 をご紹介したサイト様から、キリリク部屋の短編です。リクエストは 「泡から解放されて人間になった人魚姫」。淡々と描かれる人魚姫の変化と、彼女が選び取る 「人としての業」。
 この読後感は・・・上手く表現できません。何でか泣けた。

たんぽぽ仙女

2009.07.24.Fri.01:26
たんぽぽ仙女
(掲載サイト:第2回恋愛ファンタジー小説コンテスト 香柳 様)

 銀華園に住まう花の精、黄英は人間の男から求婚されて戸惑うが、ある日彼が重い病気だと知り────中華風恋愛ファンタジー。(あらすじ KONA)

 「第2回恋愛ファンタジー小説コンテスト」 で一位を獲得した短編です。 ※コンテストは応募、投票ともに終了。すっごい可愛いお話で、情景描写も素敵でした! 長編で読んでみたい作品です。

 こちらのコンテストの作品は、キュンキュンするお話が多くてとても楽しかったです。他に、「司書見習いの業務日誌」、「猫かぶり公子」、年の差好きには超ツボな 「太陽と月の終わらない恋の歌」、女騎士の戦いを描いた 「騎士アリアの恋」 がおすすめ!

ウォーターメロンマン

2009.07.01.Wed.05:11
ウォーターメロンマン
(掲載サイト:Sleepdog's Salon Sleepdog 様)


 退屈な愛にあふれた夜を、スイカ頭の男が走る。そして、そのとき運命の出会いが……。(あらすじ サイト様より)

 一言で言えば、テ ラ シ ュ ー ル w な短編。スイカ頭って比喩ではなく本当にスイカなんです。しかも、スイカの種を飛ばして大活躍するという(笑)
 私が紹介してきた中では一風変わった作風で、「ネットって広いなあ」 としみじみ感じた作品でした。好きな作家さんに椎名誠が挙げられてて何となく納得。

網と羽、有情の玻璃

2009.02.25.Wed.07:01
網と羽、有情の玻璃
(掲載サイト:Heaven Can Wait 月海繭子 様)

 武士の台頭がはじまった頃。武家の棟梁の子息、水原義匡(よしまさ)は前大納言の娘、珠珂瑠(すがる)姫と政略的な縁組を結ぶことになったのだけれど・・・。(あらすじ サイト様より)

 アンケートにておすすめいただいた作品です。『堤中納言物語』 の一編、「虫愛づる姫君」 がモチーフの前後編。平安時代後期をイメージしているのだそうです。
 何にも染まらない、珠珂瑠の透明な生命観、世界観に心が洗われる。武士として他者の命を奪い、陰で鬼と呼ばれる義匡にとってもきっと、それが救いなんだろうな、と。
 せつないとも違う、嬉しいとも違う、けれど何かで満たされるような、不思議な読後感でした。淡々としながらも細やかな情緒が感じられる作品です。もう一つおすすめいただいた同じサイト様の 「花守人」 も良かったです!

相雫学園物語 ~戦え! 正義の生徒会~

2009.02.19.Thu.03:04
相雫学園物語 ~戦え! 正義の生徒会~
(掲載サイト:古茶の庵 古茶 様)

 名門私立高校相雫学園の生徒会に、カレーパン爆破の予告状が届いた。学園祭の危機に、正義の生徒会が立ち向かう!(あらすじ サイト様より)

 珍しい選択式マルチエンディングのコメディ短編。選択肢に変なのが混ざってて吹きます! ちなみに真のエンディングへの道は険しいです。デッドエンド数回は覚悟してくださいw

 特設②でご紹介した 「夢食いと観測士」 と同じ作者様の作品です。上記の作品は現代モノですが、この方のファンタジー系の作品はネーミングセンスが素敵なんですよね! もちろんストーリーも。おすすめです!

« Prev | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。