アナザリージョン

2009.02.06.Fri.01:26
 アナザリージョン
(掲載サイト:天空のマントヒヒ さくらみかん 様)

 仮想空間としての地球、〈エデン〉 の創造。スイレイと、その幼馴染ペルとジュリアが始めた三人だけの計画は、やがて彼らの関係に変化をもたらす。それは、切ない愛、秘された過去、そして恐ろしい災厄を伴うものだった。(あらすじ KONA)

 仮想空間 + バイオ系のSF。DNA抽出やアポトーシス (プログラムされた細胞の死) など、個人的に心が騒ぐキーワード満載! 用語や倫理的な問題も含めて難しいテーマだと思いますが、描写には説得力があり感心させられます。
 仮想空間、医学やゲーム、禁断の愛など、様々な要素が絡まり合って物語は思わぬ方向へ。そして衝撃的な一部のラストに続く、二部のスリリングな展開は圧巻! 現在、元凶となった過去が明らかになる三部が連載中です。

 小説 「パラサイトイブ」 や 映画 「アウトブレイク」 をご存じの方には特におすすめですが、恋愛描写も多く、ゴリゴリのSFが苦手な方でも読みやすいと思います。また、油彩風のイラストがとっても美しい! 特に一部の表紙絵にうっとりです。

 なお、こちらの作品には禁忌要素、残酷描写が含まれます。また、三部にR15に相当する性描写がありますので、苦手な方はご注意を。

マーテロイドプラス

2008.09.09.Tue.01:08
マーテロイドプラス
(掲載サイト:AS ASAS de ASOU 麻生新奈 様)

 アンドロイドが一般に浸透しつつある未来の世界。アンドロイドメーカーの大手に勤める砂沙(サーシャ)の担当は、子育て専用機種の新規開発だったのだが───。(あらすじ KONA)

 ストーリーの軸は、主人公のプロジェクト移籍で担当した、警察用機種に絡む不審な動きの追跡ですが、「ロボットにどこまでさせるか」 という描写が多くて興味深い作品でした。「乳児の世話はロボットに任せて良いのか」 とかね。その辺を掘り下げた作品も読んでみたいな、と思ってしまいました。
 そして、こちらを読んで深い溜息。アシモフのロボット三原則と現実のロボット工学の関係に思い至ったからです。

 というのも、軍事産業からオファーがあったと語るロボット工学の研究者の話を思い出したんですね。彼は、学生達の 「軍事は止めましょう」 という言葉でその誘いを辞退したのですが、軍事は資金力があり、好きな研究が思い切りできるというメリットがあって、決断するまで随分迷ったと仰ってました。

 あの研究者にとっては、ロボットに託した夢の方が勝ったけれど、無人のヘリで人々が虐殺されたりするこの時代、そうじゃない場合が多々あるんだろうと切なくなってしまいました。

 えー、話がそれてすみません。こちらの作品、若干詰めすぎな感はあるけれど、エンタテイメントとして十分面白いです。全6話ですが1話が長めなので、感覚的には中編~長編の間くらいでしょうか。完結済。

ギャラクシー・シリーズ

2008.08.27.Wed.08:48
ギャラクシー・シリーズ
(掲載サイト:ABOUNDING GRACE BUTAPENN様)

 人類が火星への進出を開始した未来の世界。宇宙管制官のユナは、火星定期貨物シップの担当になる度、口の悪いキャプテン三神に罵倒されている。そんな落ち込んだ仕事帰り、バーで一人の紳士に声をかけられ────。(あらすじ KONA)

 短編からシリーズ化。完結済みのSF中編です。宇宙海賊の襲撃や宇宙船の故障など、緊張感のある航海の後、地球で待っててくれたユナに癒される、この落差が素敵です。なので私はやきもち焼きの三神キャプテンに一番、感情移入したかも(笑)

 ハラハラするシーンもありつつ、ストーリーの最後には感動が待ってます! あとロマンとロマンスもね!

 ところで今、大手旅行会社JTBで、月旅行の参加者を募集中 (参加費は約110億円・・・)。でも、誰でも宇宙に行ける時代がいつか来るかもしれない、と思ったらワクワクします。

JTB 月旅行のサイト → こちら

« Prev | HOME |