スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖女と騎士のはなし

2012.05.14.Mon.15:21
聖女と騎士のはなし
(掲載サイト:Awyr boku 様)

 望まず聖剣に選ばれた村娘ダウフトと、その護衛となった堅物騎士。魔性の侵攻を防ぐ東の砦で織りなす、彼らの日常。(あらすじ KONA)

 とってもほのぼのな短編シリーズです。ファンタジーな世界観の、じれじれ恋愛。

 劇的な展開や生々しい戦闘描写は、ほとんどありません。
 のんびり屋の村娘ダウフトと、堅物騎士ギルバート、そんな彼らを生温かく見守る人々。そうした砦の日常が、柔らかく上品な文章で描写されています。
 周囲の人々と一緒に、もーほんとにお前らいー加減くっつけよと呟きたくなるじれったさが、すっごく良いです。痒いところに手が届かずに、悶える感じ(笑)

 そーやって読み進めるうちに、遥か昔の王や古き聖獣の伝説に彩られた、この世界そのものを大好きになってる。そんなお話でした。

 一方、登場人物が背負う過去や、敵との戦い、為政者たちの身勝手さなど、シビアな部分もあります。それでも逞しくしなやかに、前を向き続けるキャラクターたち、ほんと良いすなあ。
 一話のボリュームがかなりあるので、結構な読みごたえ。のんびり読み進めるのがおすすめ。

2012.04.18.Wed.10:01

(掲載サイト:l’ErreuR これゆき 様)

 祖国が戦に負け、その代償として、戦勝国の王に嫁いだ王女アナイス。彼女にとってそこは、決して優しい場所ではなかった。(あらすじ KONA)

 それほど長いお話ではありませんが、重厚で深い。
 ヒロインにとって、このお話はおそらく序章でしかなくて、彼女の本当の人生は、この物語の後に始まるのだろうと思います。
 そんな感じなので、何書いてもネタバレになっちゃいそう……! 抽象的なレビューですいません

 いわゆるハッピーエンドではないけれど、深ーい余韻の残る作品です。ヒロイン以外の内面があまり明かされないので、何が嘘で何が本当か、いろいろ考えてしまいますね。
 残酷描写が少しあるので、苦手な方はご注意ください。全13話、完結。

 ☆ 続きはいただいたコメントのお礼です ☆
 続きを読む

暁にもう一度

2012.03.29.Thu.11:11
暁にもう一度
作品一覧 サイ 様)

 地上より神々が去って千数百年。今は、神の力の欠片が、時折垣間見えるのみ。
 そんな大陸の辺境ジュナス。次期領主であるソランは、金策に頭を悩ませていた。そこでソランは、『「宝剣の主」たる第二王子の立太子を説得できた者に褒賞を与える』という王家の申し出を受けたのだが────。(あらすじ KONA)

 やーーーすっごく面白かった!
 隅々まで行き届いた世界観、流れるような描写、生き生きと動くキャラクターがたまらなかったー。
 ソランの王都行きをきっかけに、ある、主従愛のような恋愛のような関係がはじまります。ただでさえ複雑なその関係に、貴族たちの権力争いと、神の時代から続く因縁が絡んで……と、ネタバレになるので詳しく書けない……  けどとにかく! かなーり悶えましたー。

 多神教をベースにした設定も新鮮。ギリシャ神話か日本神話を彷彿とさせる感じ。
 新鮮に感じたのは、洋風異世界モノで宗教、っていうと、キリスト教をモデルにしてることが多いからかな。多神教的なFT要素に、すごくワクワクしました。
 はるか昔に地上を去った神々。前世の記憶を持ったまま転生する不死人。王家の血筋に生まれる宝剣の主。名前すら忘れられた「失われた神」……などなど。

 そして、多神教らしく、神様たちの所業がけっこー理不尽。ギリシャ神話なども、「ちょ、おまw」っていうのあるけど、あんな感じw そんな、慈悲深く残酷な神々の、まさに「神」らしい存在感が良いです。

 基本的にシリアスですが、笑えるところもあって、一気読みしちゃいました。ソランかわいいよソラン! その後の番外編、「ルティンの恋」もほんっと良かった。泣ける。
 読み応えのあるお話をお探しの方は、ぜひぜひ。完結済みの長編です。

右手に剣を左手に恋を

2012.02.18.Sat.12:19
右手に剣を左手に恋を
作品一覧 28号 様)

 とある小国フロレンティアで、女騎士として職務に励むキアラ。彼女は、無理矢理参加させられた「合コン」で、年上の王子様に連絡先を渡されてしまった。けれどキアラは下級の騎士で、その上、剣の腕と腹筋だけは一流なのだ。はたして恋はうまくいくのか?(あらすじ KONA)

 先日ご紹介した現代FT、「プロポーズはお早めに」があまりにも面白かったので、同作者様の作品を片っぱしから拝読してました。

 で、こちらの長編の舞台は、架空のイタリア半島。魔法と科学が同居する、不思議な世界です。
 光溢れるイタリアらしい、陽気なフロレンティアの町や人々に、読んでてとっても心浮き立ちます。そこで繰り広げられる、キアラとその女性上司レナスの恋とお仕事が、お話のメイン。

 意地っ張りなキアラとレナスがすごくかわいいのですが、彼女たちを見守る男性キャラもとても素敵っ。彼女たちの歩みに優しく寄り添い、相手の意思や性格を、きちんと尊重してる感じ。強引な俺様キャラも好きだけど、こういう男性キャラも新鮮でいいなぁ。
 ただ、レナスの傍若無人っぷりは筋金入りというか……(笑) 振り回される方は大変デスw

 短いエピソードが章ごとに完結するので、さくさく読みやすいです。騎士のお仕事ものとしても楽しかった! 連載中の長編。同作者様の、「魔王はハンバーガーがお好き」「船長は恋がしたい」もとっても面白かったです。

 ☆ 返信不要の方にちょっとだけ ☆
 続きを読む

南の海を愛する姉妹の四重奏

2012.02.15.Wed.11:47
南の海を愛する姉妹の四重奏
作品一覧 まるは 様)

 次期、女公爵になるため、スパルタ教育で育てられた繊細な姉と、その容姿や性質から、母にほったらかされて育てられた元気な妹が、初めて故郷のロアアールを出て王都へ行く。 そこで二人を待っていたものは、良い男と──悪い男。(あらすじ サイト様より)

 「乱読のススメ」様でご紹介されていた作品です。やー面白い面白い!
 病気の父の名代で、次期公爵として王都に赴いた姉のレイシェスと、それにくっついてきた妹のウィニー。同じ両親から生まれながら、まるで違う容姿、性格、境遇。でも、すごく仲が良くて、ほほえましい姉妹なのです。

 王都では、しばし和やかな時間を過ごす二人。一方で、厳しい政治の現実も待ち受けていて────。
 彼女たちの故郷ロアアールは、他国との国境にあり、悩みや重責が尽きない土地柄。それゆえ、波乱の展開を見せる後半が個人的にツボでした! 
 公爵の娘という重みを次第に自覚し、それぞれの立場で責任を全うしようとする姉妹。そんな彼女たちを、ついつい応援したくなっちゃいます。

 ヒーロー氏たちも、とても個性的です。特に、基本的に前向きなメインの登場人物の中で、まるで、黒い染みのように異彩を放つ、あのお方の存在感……! 恋愛ものにありがちな、甘い展開だけじゃないところが良いですねー。
 二人の恋、中央との軋轢、そして領地の未来。どーなるの!? って感じで、続きがとっても気になります。長編、連載中。

13/09/21 先日、完結されました。最後まで楽しませていただきました。作者様、お疲れ様でした! 

この結婚は政治的策略

2011.10.14.Fri.05:22
この結婚は政治的策略 【R15】
作品一覧 薄明 様)

 休戦の条件として、敵国の第二王子のもとに嫁いできたパルミディア王女、リューネリア。この国で生きていくために、彼女が結婚相手のウィルフレッドに要求したものとは?(あらすじ KONA)

 コレはいいすれ違い夫婦もの! すんごい楽しかったですー
 何といってもリューネリアがかっわいいです! 大変聡明な少女でありながら、自国では政治の一端を担っていたが故に恋愛スキルを磨く暇がなかったようで、かなりの鈍チンw
 ウィルフレッドのちょっかいに戸惑う彼女は本当かわいい。デキる女の子の恥じらいっていいよねえ……萌エス!

 そんな男目線により、ついついウィルフレッドに肩入れしてしまったのですが、その彼はというと、めちゃ美形だけどものそい不憫……w
 ちょっかいの真意に気付いてもらえなかったり、おあずけ食らったり(笑) でもそれはリューネリアへの気遣いと裏表なんですよね。俺様な強引さはないけれど、すごく優しい。

 政略についても、練られた構成できちんと盛りこまれています。主人公が嫁ぎ先で足固めしていく序盤・中盤、そして終盤でもひと波乱。困難を乗り越え、二人の愛情が深まる過程は説得力がありました。
 あと番外編で、女騎士の恋愛にも悶えましたー! 彼女の思い人は食えない男性で、これまた魅力的です。

 シリアス要素がありつつも、明るい雰囲気ですいすい読めます。長編・完結済。
 こちらは、「君の首筋に悪戯」様で教えていただいた作品です。ネット小説をたくさん紹介していらっしゃいます。こちらもぜひ!

軍神の花嫁

2011.10.06.Thu.13:26
軍神の花嫁 【R15】
作品一覧 水芙蓉 様)

 特別な美しさも非凡な能力ももたない平凡な娘サクラ。期せずして、大国の第2皇子にして、「漆黒の軍神」の異名を持つ金と黒の瞳を持つカイの妻となる。『破魔の剣』を通して、二人は出会い共に生きることを余儀なくされるが……。(あらすじ 作者様)

 ややシリアス寄りな、恋愛FT。
 育った環境のために、自分に自信が持てない控えめなヒロイン嬢と、軍神と呼ばれるクールな皇子。ほぼなりゆきで結婚した二人が、ちょっとずつ距離を縮めていく様子がとにかくじれったい! そして甘い!

 最近の自分の読書傾向からしたら、軽く胸やけするレベルの甘さでした(笑) が、ちょっぴり寒くなってきたこの時期には、ちょーどいいんでないかと思います。

 淡々としながらも、二人の心情がきっちり描かれてる文章が素敵。
 そして、さらりと出てくるのでメインではないのですが、使い魔や魔獣の設定が好きでしたー! それらがガッツリ絡んだエピソードがあれば読んでみたかったデス。
 短すぎず長すぎず、ほどよい長さで完結していてオススメ。 

 ☆ 続きはいただいたコメントのお礼です ☆
 続きを読む

甘い空言と茨の姫君

2011.04.15.Fri.01:42
甘い空言と茨の姫君
(掲載サイト:無地ノート ヨシコ 様)

 美貌の王女クリスティナの元に、時折訪れては、甘い言葉を囁く青年貴族レイモンド。それぞれの思惑を秘めた、化かしあいのような関係。そこに、変化が訪れるのだが───。(あらすじ KONA)

 いやー、とても素敵なお話でした~!! 何というか、サクサクした上品な焼き菓子みたいな雰囲気が好き。
 毅然としていて、でもどこか臆病な王女はかわいいし、抜け目がなさそうでいて、実は祖父に頭が上がらないレイモンドも、かわいかっこいいです(笑)
 脇キャラも大変魅力的。クリスティナの義母にあたるセシリアさんが、ほんわか癒しでしたー。

 絢爛な王宮に美男美女・・・とトキメキ要素がたくさんで、なおかつ、一筋縄じゃいかない二人の、緊張感のある駆け引きがすんごく良かったデス。そして・・・ラストはやられました。いろんな意味で!

 ネタバレこみで語りたい! でも。初見の人に、このじれったさや「!?」を正しく味わってほしい! ・・・紹介文を書いてて、常に感じるジレンマです マゾ的に慣れたけど。
 ともかく、宮廷恋愛ものが好きな方に、めちゃめちゃオススメですっ 先日完結されたばかりの、シリアス寄り中編。

公爵の花嫁

2011.03.04.Fri.02:57
公爵の花嫁
(掲載サイト:Crown 深森浅羽 様)

 切れ者で知られる青年貴族ルーファスは、一人の王女を娶ることになった。形式だけの結婚のつもりであったルーファスだが、距離を置くはずだった王女の抱える秘密に、なぜか巻きこまれていって────?(あらすじ KONA)

 舞台は、魔女に呪われた王国エスティア。その王国の貴族で、「氷の公爵」と呼ばれるルーファスと、「秘された王女」セラフィーネの結婚から始まるお話。
 秘密を抱えた者同士の結婚、王国にかけられた呪いの行方、王女セラフィーネの目的は何か……などなど気になるキーワードがいっぱいで、続きが楽しみな異世界FTです。

 基本はシリアスでありつつ、一方キャラ同士のやりとりはコミカルで楽しいっ。
 「心臓が氷でできてる」 とかひどい言われようのルーファスと、素直なセラフィーネ王女の会話が、とてもかわいいのデス 途中から登場の魔術師ラーグや、公爵家の面々、騎士たちもいい味出してます!
 ほのかな恋愛要素も萌えたー。感情が見え隠れするよなチラリズム、大好物です。

 今現在、王都を騒がせる魔物(?)の事件に、主役二人は巻きこまれ中。こういう展開がとっても好きなので、すんごいわくわくします! ただし、少しだけ残酷描写がありますので苦手な方はご注意を。
 以前ご紹介した 「王冠の魔女」、短編の 「王妃と影妃」 と同じ作者様の作品になります。連載中の長編。

☆ 続きはいただいたコメントのお礼です ☆
 続きを読む

翼なき竜

2010.12.11.Sat.16:58
翼なき竜
(掲載サイト:Stone Rio 雨宮えい 様)

 『泰平を築く覇者』の印と言われる、竜のあざ。ブレンハールの王族には、たびたびそのあざを持つ者が生まれるが、現女王の竜のあざは、なぜか片翼が失われていた。若き女王を恋い慕う宰相はやがて、その秘密を知る。(あらすじ KONA)

 一話読んでラブコメFTかと思ったんですが、なかなか、というかどシリアスなお話でございました。女王が利己主義者だったら、むしろ幸せだったかもしれないけれど、生来の誠実さゆえに違う道を選べないのです。その茨の道が、すごーくセツナイ

 はっきりしたハッピーエンドではないため人を選ぶお話かもしれませんが、安易な救済を用意しなかった作者様の姿勢は、かっこいいと思います。あとやっぱり竜がいいですねっ! 残酷だけど、慈愛を併せ持っていて、圧倒的に強い。

 女王と宰相、二人のじれったい雰囲気がとっても好きなので、ラブラブな番外編とか読んでみたいデス。んんーでも完結から結構時間たってるみたいだし、無理かなぁ・・・。さしあたって、想像という名の妄想で補完します!! 長編、完結済。
 こちらの作品をご紹介してくださった方、どうもありがとうございました!

☆ 続きはいただいたコメントのお礼です ☆
 続きを読む
« Prev | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。