スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けの鴉の啼かぬ間に

2008.10.11.Sat.02:15
明けの鴉の啼かぬ間に 【R15】
(掲載サイト:真夜中の揺籃 桜庭 馨 様)

 女三の宮こと紗沙(さしゃ)は、父である朱雀帝の譲位とともに、時の権力者、源氏の君に降嫁した。人形のように虚ろな日々を過ごす紗沙は、幼い頃出会った若い公達・柏木と再会し、身を焦がす恋に足を踏みいれる。(あらすじ KONA)

 作者様の説明によると、「源氏物語翻案ミステリ風小説」だそうです。柏木との忍ぶ恋によって少女から大人の女性へ変貌する紗沙に、切なくて切なくて泣けた。
 また、比類なき権力者となった壮年期の源氏の君 (いわゆる光源氏) の存在感は圧倒的! 冷静な駆け引き、その奥にかいま見せる歪みにゾクゾクします。彼の最愛の女性、紫の上の描写も素敵。

 複雑な人間関係さえクリアすれば、道ならぬ恋にドキドキするも良し! 源氏の君の政治的手腕に惚れ惚れするも良し! 紗沙の恋すら組み込んだ権力争いの、本当の勝者は? 私自身の持っていた源氏物語に対するイメージが完全に変わったと言っても過言ではない、そんな作品でした。

 リンクしたサイトTOPの、説明文最後の行から小説コーナーに入れます。全20話、完結済み。

Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。