スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千年童女と機甲兵

2014.10.09.Thu.01:15
千年童女と機甲兵 【R15】
作品一覧 縞白 様)

 『魔女』と『機械の民』が六百年戦争を繰り広げる、荒廃した世界。ごく普通の女子高生だった前世の記憶を持つ少女【ジギタリス2631】は魔女の一人として生まれ、終末世界の戦場で、気まぐれに壊れかけの敵兵ロボット【DD】を拾う。(あらすじ 作者様)

 個人的にツボすぎてヤバい。
 ベースはFTですが、SF的な要素も強いです。非常に殺伐とした雰囲気なので、万人受けするタイプのお話ではないかもしれないけど、「こんな話が読みたかった!」って思うくらい自分にはどストライクだったー。

 ヒロインの透徹した雰囲気、ロボットの一途な感じが、すごーくたまらんかったです。
 最後、ロボットには究極の選択が与えられるんだけど、もう泣けてしょうがなかった。人目がなかったら確実に号泣してたよーーーTT

 「ロボットに魂(意思)が宿るのか」ってSFではよく見るテーマですが、なるほどこれはFTの領域でもあるのだなあ、という提示が興味深い。しかしそれすらこの長くないお話の、構成要素の一つでしかないというのが、すごく贅沢……! って思うんです。
 ……って、語りすぎるとネタバレになってしまうのでこの辺で。

 以前ご紹介した、「皇帝陛下の猫」「極東の烏」と同じ作者様です。
 やっぱり私、この方の書く人外ヒロイン好きだなー。書き手とキャラの間にある冷静な距離感が、なろうではわりと珍しいので、鮮烈に印象に残ります。
 全九話。さくっと読めるので、気になった方はぜひ! 残酷描写は容赦ないので、苦手な方はご注意を。
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。