晴れ、所により異世界

2014.08.12.Tue.01:30
晴れ、所により異世界 【R15】
作品一覧 冬の黒猫亭 様)

 20××年。日本各地の上空に、突如、巨大な魔法陣が現れた。その魔法陣、【空門《スカイゲート》】が輝く時、凶暴な化け物【魔物《フォルズ》】が出現。だが【魔物】たちは、次々と落下し、『死亡』した。
 これは、【魔物】の生き残りと対峙し、特殊能力を発現した人間たち────【異能】と呼ばれる人々と、落下物に負けずしたたかに生きる一般人の物語。(あらすじ KONA)

 やっばいめっちゃ面白かったーーーー!! 好みど真ん中!
 短編+報告書で構成された、オムニバス形式の群像劇。お話はまだ序盤です。続きはよ。

 本編は王道ヒーローものの導入部みたいだし、各話の末にある報告書では、アレコレ想像できて楽しい! やつらまじもんのヒーローだよ。かっこいいよ。
 須々木さんの魂の叫びは、切実すぎて笑えたw

 ちょっと脱線して語っちゃうけど、物語における「ヒーロー」っちゅうのは、自分より弱いものや、傷ついた仲間を守るために、行動を起こせるキャラクターだと思ってるんですよ。そうであってほしい。
 であるからして、たとえば女性向け恋愛もののヤンデレ男性キャラとかを、「ヒーロー」と呼んだりすることに、私としては、若干の戸惑いを覚えなくもないのです。(注:ヤンデレをdisってるわけじゃないですよ)
 この場合、単にヒロインの対義語としての使い方だってことは分かってるんだけどね。自分も便宜的にその意味で使ったりするし。するんだけれども! やっぱ、「ヒーロー」と呼ばれるからには、そこにそれなりの重みとか欲しいなーって。どうでもいいね。すいません。つい厨二思考が漏れ出ました。それもこれも、このお話が好きすぎるせい。

 話を戻すよー。
 魔法陣から化け物が「背中から」降ってくるってのが斬新だし、次はどんな【魔物】と【異能】が出てくるんだろうって考えるとワクワクします。さらに今後、【異能】同士の抗争がありそうで、これまた期待感が高まる。飴食ってた兄ちゃんの存在感ぱない。
 文章はやや読みにくさがあるけど、それを補って余りあるほど面白かったです。このブログのSFカテゴリがツボに入る方に、特におすすめしたい作品。
Comment

管理者のみに表示