王の空

2013.09.19.Thu.00:07
王の空 【R15】
作品一覧 紅月 様)

 ここは〈自然の恵み〉と呼ばれる力を体現する能力を持った者たちが暮らす『東ガラット村』。 ミアイは単身で狩りに挑むが、獲物を追っているうちに他の狩り組の縄張りへ侵入してしまう。 縄張り荒らしは重大な掟破り。捕まるのは獲物か、ミアイか。(あらすじ 作者様)

 すっっっごい面白かったー!! 数年ぶりにネット小説で徹夜した。
 二式さまのレビューが簡潔でわかりやすいので、時間のない方はそちらをどうぞ。

 以下、少々長めの感想です。
 こちらの作品は、<自然の恵み>と呼ばれる祝福を受け、狩りで生計を立てる少女が主人公。うーん、異世界版・女マタギの話、といったら伝わるかな……? ネット小説では異色の題材です。

 躍動感あふれる狩りの描写に、序盤から夢中。狩り人の息づかいまで聞こえてきそうでした。狩りの方法や、道具の描写もしっかりあって、その辺もおもしろかったー。
 「聖地の王」との勝負は、続きが気になって、クリック止まらんかったです。人智を超えた力を持つ「王」と若い狩人たちの、頭脳戦、消耗戦に、興奮すんなっていう方が無理ですわ!

 更に、村の掟、組織、食事など、人の営みの有り様がしっかり描写されています。しかも、説明的すぎないのが、こころにくい。

 ネット小説で異世界風だと、「中世ヨーロッパ風」で済ませて細かい描写を省く、というやり方はわりと一般的ですが、もちろん、手軽さが魅力の一つであるネット小説で、それが悪いことだとは思いませんが、描写・設定の緻密さで、物語の奥行がこんなにも違うんだなぁと改めて思いました。

 ちなみにヒロインは、小柄で俊敏な、どちらかといえばかわいい感じの子 狩りでは、<囮>担当なので、非マッチョです。笑。
 無自覚な三角関係もあったりで、その結末も気になるところ!

 魔法使いも騎士も出てこないけど、とっても骨太のFTです。文庫か単行本で読んでみたいなー。
 「空に月がかかるとき」が序章、「銀の月」が本編、という位置づけ。「銀の月」が現在連載中。
Comment

管理者のみに表示