老人と人形と化物の街

2013.03.19.Tue.00:20
老人と人形と化物の街
作品一覧 柳乃朋美 様)

 妖者と人間の混血が進んだ異世界で、日本に似た国の小さな街に、噂が流れる。────『人間』による純血主義を掲げ、滅びた国の、残党がやってきた、と。
 その噂に惹かれた烏天狗の少年は、彼らがいるという場所に、足を踏み入れる。一方、街の平穏を願うだけの老爺は、壊れた『人形』を保護した。
 化物とは何か。人間とは何か。そして、小さな街で奏でられた、狂想曲の結末は。(あらすじ KONA) 

 ペリカンアタックさまで紹介されていた作品です。いやー。隠れた佳作です。ブログの管理人さまは、優れたスコップをお持ちでいらっしゃる。

 世界観も話運びも独特で、面白かったです。なんというか、『小説』読んだーって感じがした。
 「人間とは何か」って、ありふれてて、かつ、非常に難しいテーマだと思われます。が、化物と対比しつつ、一つの答えを提示してて、この真っ向勝負が良いです。江戸っ子口調な老爺が、これまたイインデスヨ!!

 なろうでは珍しいタイプの作品だけど、こーゆー感じのがもっと評価されてほしいなあ。全12話、完結済。少し残酷描写があるので、苦手な方はご注意を。あと、字が小さめなので、普段のなろうのフォントに慣れている方は、拡大すると読みやすいかも。
 後日談やスピンオフがあるなら、読んでみたい作品でした。
Comment

管理者のみに表示