スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

架空戦国小説・夫婦雛物語

2012.09.07.Fri.21:31
架空戦国小説・夫婦雛物語
作品一覧 赤城康彦 様)

 小豪族大高氏の嫡子として生まれた千丸は、大高氏を征服した中村氏の娘、雪姫を妻として娶る。本来なら一家の頭領となるはずが。先祖より受け継いだ城一つを守るために中村氏の家来として、征服者の娘婿として、幾多の戦場を駆け巡ることになった。若き小豪族夫婦と、それを巡る人々を通じて描き出される戦国絵巻。(あらすじ 作者様)

 ちょっと余裕が出てきたような、ないような日々を送ってます。そんな中、拝読したこちら、とっても印象深かったです。

 夫婦の絆の温かさ、戦国時代の残酷さ。生と死。愛情と怨嗟が、このお話では表裏一体。
 また、主人公が仕える大豪族と、宿敵の対比が上手いんです。ただの悪役に留まらない敵って、魅力的ですよねえ。
 その二人が主人公夫婦の運命と絡んで……と、書きたいことはいろいろあるけれど、まずは読んでみていただきたい! 愚直なほど真っ直ぐな主人公の生き様、彼を取り巻く人々の選択に、感じるところが必ずあると思うのですよ!

 ただ、この手の小説に不似合いなカタカナ語の使用が、少々もったいない けれど、物語そのものは非常ーーーーに素晴らしいので、それを理由に読まないのは、もっともったいない。全十三話、完結。おすすめ。
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。