萌え絵師への道

2012.03.27.Tue.21:17
萌え絵師への道 【R15】
作品一覧 昔昔亭或処  様)

 売れない少女漫画家の「あたし」。ある純文学の売れっ子先生が、ラノベを書いたがために、何の因縁か、その挿絵を描くことになりました。(あらすじ KONA)

 タイトルとあらすじで、すんごいイロモノを想像してたんですが(本当ーーーにすいません……!)、意外や意外に、真面目に読めるお話でした。
 いや、笑えるとこも、萌えるとこも、たくさんあるんですけどね! コメディだしね!

 語り手=ヒロインの「あたし」と「先生」。彼らが協力し合いながら、小説を創っていく過程が面白いんです。アイデアを出し合って、キャラに一捻り入れたり、装丁を工夫したり。
 また、この作中作のテーマは、ヒロインの抱える問題と、オーバーラップしています。それが物語を深くしてる。

 最終巻を作る際には、創作する者同士の、「なぜ書く(描く)のか」という真摯な問答があります。そのシーンが、とっても好きなのです。創作好きなら、一度は考えることじゃないかなーと。

 先生の容赦なさもよいですねー。かっこいい。意地悪なヒーロー氏が、ヒロインをちくちくいぢめるの、好きです。笑。

 BLマッチョ下ネタ、ありますので、苦手な方はご注意を。本編完結後にスピンオフあり。
 これから読み返して、先生の苦行にニヤニヤしたいと思います。オススメ。
Comment

管理者のみに表示