スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泥濘 -ぬかるみ-

2010.06.16.Wed.01:55
泥濘 -ぬかるみ-
(掲載サイト:はななぬか ナノハ 様)

 絶対に悟らせない。────彼女への報われない思いを晒す事などせず、少しずつ追い詰めて心の内側へと入っていく。その戸惑いを一人愉しみながら。美しさの微塵も無い汚れた泥濘へ、堕ちていくようだと怯えながら。(あらすじ サイト様)

 男の子視点のシリアスな恋愛ものです。
 彼氏がいる上に、苦手なタイプの女の子に惹かれてしまった、主人公・三島君。彼のドSっぷりがたまりませんっ

 好きだから、思い通りにならないから、傷つけたいし支配したい。あえてひどいことを言ったり、さりげなく触れたりして、静かに彼女を追い詰めていく彼に、私、いつの間にか共感してました。自分でもすごくびっくりしたんですよ。「私にもこんなSな部分があったんか!」 と思って(笑)

 これは、お話を紡ぐ作者様の舵取りが非常に上手いのだと思います。危ういキャラや関係に、きちんと感情移入させてくれる。
 傷つけながらも彼女を大切に思う (←これすごく大事) 三島君の内面がちゃんと伝わってきますし、彼の純粋な恋心も、揺れる彼女の感情も、読み手には見えてる。
 そこはかとなくエロスな雰囲気にもゾクゾクしました。(※全年齢向け作品です) この作品のように間接的に表現されてる方が自分は好みデス。脳内補完の準備はいつでもおk。

 読み終えて、関係をコントロールしてたのは実際どちらだったんだろうと深読みするのも一興。また、ヒロインに感情移入してMに目覚めちゃう方もおられるようですョ。新しい自分に出会えるかも・・・? すごく面白くて一気読みでした。完結、長編。

 ☆ 続きはいただいた拍手コメントのお礼です ☆
>ぶり様

 ご紹介した作品を気に入っていただけて、作者様ではありませんが私も嬉しいです!
 「夢詩壷」、ちょっと変わった雰囲気で、でもとっても面白いですよね。

 こちらのブログは、「感動を忘れないように書き留めておく」 というコンセプトで運営していて、そのついでに、ぶり様や皆様が素敵な作品と出会うきっかけになっていたなら、すごく嬉しいです。講評や批評といった高尚なものでは決してなくて、そんな素朴な感じでやってます(笑)
 またお暇な時にでも気軽に足を運んでやってくださいね! ありがとうございました^^
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。