スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこまでも曖昧なワタシタチ

2009.06.27.Sat.04:56
どこまでも曖昧なワタシタチ
(掲載サイト:Asymmetry 神崎みこ 様)

 ひょんなことから出会った工学系准教授の吉井と、文系院生の由香子。食事を奢る代わりに週一で研究室の片付けをする約束をした二人の表面はあくまで教師と学生。けれどその内面は────。(あらすじ KONA)

 いやーーーー、こういうのが読みたかったんですよ! 年の差、じれじれ、そしてキャラの造詣に至るまでツボです。クールな吉井先生とマイペースな由香子、この二人の会話にくすっと笑い、ポーカーフェイスに切なくなったりでした。
 心情のちょっとした変化は、けれどあまりあからさまに描写されず、その歯痒さがたまらなかった! いいなあ。いい話だ。シリアス含みの中編です。

 また、連載中の 「雨夜の月」 は、紹介済の 「奇人百景 冥土道先案内」 のテイストがお好きな方にかなりおすすめ! こちらはコメディ成分多めとなっています。

Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。