スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風 爽々と碧空を砥く

2009.04.25.Sat.12:55
風 爽々と碧空を砥く
(掲載サイト:言の葉 庭園 咲野 様)

 小国・嶺(れい)の皇女、碧(へき)は大国に攻め入られた母国を救おうと、身分を偽り隣国・宏(こう)の後宮へと上がった───。 強い意志で己の道を切り開く、澄んだ空の名を冠する少女の物語。(あらすじ KONA)

 非常ーに面白かったです! とにかく主人公がいい子! 自分が辛くても人の痛みを思いやれる彼女が口にすると、綺麗事のような言葉でも説得力がある。そんな彼女に惹かれる男性キャラもそれぞれ魅力がありまして。
 展開が早いのでさくさく読めますし、後宮ものっぽいドロドロ感は全く無く、むしろ爽快。(ドロドロも嫌いではないですが!) 悲しい場面も多々あったりしますが、それでも常に心地よい風が吹き渡っているかのような作品でした。現在、続編が連載中。

 中国内陸部が統一されていなかった時代がモデルだと思いますので、少し迷ったのですが 「和風・時代」 に分類しました。アンケートで教えてくださった方、本当にありがとうございました!

Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。