スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短めのお話をまとめてご紹介⑤

2013.10.24.Thu.10:51
 今回は恋愛ものばかりです。
 たまには甘いものも読みたくなるんだ。

好感度が上がらない (かなん 様)
 「あるりゅう~」の作者様では珍しい、恋愛メインのお話。乙女ゲー転生もの。
 ニヤニヤが止まらん。床をゴロゴロしたくなります。全七話+α。 

ねじまきねじこ (夏澄 様)
 人に作られた機械人形が、心を持つまでのお話。昭和レトロな雰囲気が良いです。
 切ないけれど、どこか心が温かくなるようなお話でした。全五話。

巫女と護衛 【R15】 (水花 様)
 タイトルで「コレハ」と思って読んでみたら、めっさツボ設定でした。二人の旅の間の話も読んでみたい。人の儚さと神の悠久が、優しく共存している世界観も好き。
 全五話+後日談。作者様の本アカにも番外編アリ。R15は保険ではないので、苦手な方はご注意を。
スポンサーサイト

雑記。

2013.10.12.Sat.02:20
 オンノベ関連のサイトをまとめた特設③に、スコ速@ネット小説まとめを追加しました。なろう中心の2chまとめサイトで、書籍化情報やスコッパーさんのおすすめ、雑談など、ネット小説関連の話題をチェックできます。
 ここで見つけた作品は、「ROBOT HEART」「戦国リーゼント」「ENCOUNTER」「冬に咲く花、春を待つ空」です。ついでに、特設③の紹介ブログのまとめも少し整理しました。

13/10/13追記:特設の紹介ブログに、「マメる。」さま、「ビューティフル・ブルー」さまを追加。リンクミスがあったので修正。

 あと、ボカロ100選が巷ではやってる(た)みたいなので、副アカでせっせことリスト作りました。→コチラ
 「その時々の自分的なシグニチャーな曲・同じPから二曲以下」って縛りにしたら、100曲選ぶの難しい上に有名曲ばかりになった。作る意味あんのかって思ったけど自己満足だからいいんだ。
 Twitterのアカウントをお持ちの方は #ボカロ100選 のハッシュタグで、みんなの100選を辿れます。

 今、PCの調子が悪くて、突然音信不通になるかもしれません。すみませんがご了承ください。これ打ってる間も、エラーメッセージが時々出ます……。

 ☆ 続きはいただいたコメントのお礼になります。
 続きを読む

冬に咲く花、春を待つ空

2013.10.08.Tue.15:50
冬に咲く花、春を待つ空
作品一覧 つじなつる 様)

 ランバルド王国の王女クリスのもとに、空から舞い降りてきた男・ヴィート。 彼は先の戦争で「不死身の悪魔」と呼ばれた空軍のエースパイロットだった。 国を揺るがす二つの戦争の狭間で、二人の想いは通じ合うのか。(あらすじ 作者様)

 1940年代ごろの、架空のヨーロッパを舞台にした恋愛小説。
 めっちゃ面白かった! 一気読みした!

 小国の次期女王と、先の戦争で活躍したパイロット。二人の邂逅から物語はスタート。
 独立国の誇り、大国の干渉。その狭間でゆれるランバルドで、国を象徴する彼らは、周囲の思惑に翻弄されます。出会いこそファンタジック(空から落ちてくるのは、女の子だけじゃないw)ですが、ストーリーはシリアス寄り。

 こちらの作品、主役の二人がとーっても魅力的なんです!
 ヒーロー氏、ギャップ好きにはたまらないですねー。飄々としつつも頼れる上司だし、恋愛慣れしてそうなのに本命には紳士。誓いのシーンはほんとにかっこよくて、なんかもう泣けてしまった。
 彼のモデルは実在のあの人だと思われますが、にしても、あのゴツイ経歴の持ち主が、違和感なくロマンス小説に馴染んでてスゴイ。

 もうひとりの主人公である王女は、一見すると、王族設定によくある典型的なワガママ姫。でも、その内面は、重圧と若さの間で葛藤する、とても共感できるキャラクターでした。その上、カリスマも備えた美少女。
 そんな若き王女の成長も、見どころだと思います。

 ロマンスを壊さない程度に、迫力ある空中戦や、戦争の過酷さも描写されていて、甘いだけじゃない硬派なところも良かったです。
 全20話、完結。きれいな文章にほどよい長さで、ひっじょうにオススメ。

最近読んだ作品

2013.10.06.Sun.23:58
 最近読んだ作品をざっくりご紹介。

王子様は来ない (かなん 様)
 「いま、絆されちゃったら後で苦労するだろ!」とヤキモキしてた方に朗報。これはいいテンプレ外し。一話完結。
 「あるりゅう~」、「トカゲなわたし」、「となりのクラスの山田君」と同じ作者様です。

星持ちと弁当屋 (久吉 様)
 魔力ゼロの「星なし」の女の子が、「星持ち」さまと出会って騒動に巻きこまれたりするお話。マイペースな語り口が好き。料理もおいしそう。長編、連載中。

カボチャ頭のランタン (mm 様)
 迷宮が湧く都市で、探索者をする孤独なランタンが、孤独じゃなくなるお話。
 みっちり描写された文章が好みでした。迷宮探索と同じくらい、お買い物や食事の場面がおもしろい。いっそずっと日常しててもい……ゲフッゴホッ
 ヒロインがセウト気味なので(ロリ・非ロリの境界線にいる)、ダメな人はダメかも。自分は男性作者のロリが非常に苦手ですが、ギリセーフでした。ランタンは紳士です。

 以上、三作品には、本筋には関係ないところで、ある共通点があります。
 伏線を拾いつつ読むのも楽しいかもしれませんね!

 ☆ 続きは、メール、拍手コメへの返信です。
 続きを読む
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。