スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暁にもう一度

2012.03.29.Thu.11:11
暁にもう一度
作品一覧 サイ 様)

 地上より神々が去って千数百年。今は、神の力の欠片が、時折垣間見えるのみ。
 そんな大陸の辺境ジュナス。次期領主であるソランは、金策に頭を悩ませていた。そこでソランは、『「宝剣の主」たる第二王子の立太子を説得できた者に褒賞を与える』という王家の申し出を受けたのだが────。(あらすじ KONA)

 やーーーすっごく面白かった!
 隅々まで行き届いた世界観、流れるような描写、生き生きと動くキャラクターがたまらなかったー。
 ソランの王都行きをきっかけに、ある、主従愛のような恋愛のような関係がはじまります。ただでさえ複雑なその関係に、貴族たちの権力争いと、神の時代から続く因縁が絡んで……と、ネタバレになるので詳しく書けない……  けどとにかく! かなーり悶えましたー。

 多神教をベースにした設定も新鮮。ギリシャ神話か日本神話を彷彿とさせる感じ。
 新鮮に感じたのは、洋風異世界モノで宗教、っていうと、キリスト教をモデルにしてることが多いからかな。多神教的なFT要素に、すごくワクワクしました。
 はるか昔に地上を去った神々。前世の記憶を持ったまま転生する不死人。王家の血筋に生まれる宝剣の主。名前すら忘れられた「失われた神」……などなど。

 そして、多神教らしく、神様たちの所業がけっこー理不尽。ギリシャ神話なども、「ちょ、おまw」っていうのあるけど、あんな感じw そんな、慈悲深く残酷な神々の、まさに「神」らしい存在感が良いです。

 基本的にシリアスですが、笑えるところもあって、一気読みしちゃいました。ソランかわいいよソラン! その後の番外編、「ルティンの恋」もほんっと良かった。泣ける。
 読み応えのあるお話をお探しの方は、ぜひぜひ。完結済みの長編です。
スポンサーサイト

萌え絵師への道

2012.03.27.Tue.21:17
萌え絵師への道 【R15】
作品一覧 昔昔亭或処  様)

 売れない少女漫画家の「あたし」。ある純文学の売れっ子先生が、ラノベを書いたがために、何の因縁か、その挿絵を描くことになりました。(あらすじ KONA)

 タイトルとあらすじで、すんごいイロモノを想像してたんですが(本当ーーーにすいません……!)、意外や意外に、真面目に読めるお話でした。
 いや、笑えるとこも、萌えるとこも、たくさんあるんですけどね! コメディだしね!

 語り手=ヒロインの「あたし」と「先生」。彼らが協力し合いながら、小説を創っていく過程が面白いんです。アイデアを出し合って、キャラに一捻り入れたり、装丁を工夫したり。
 また、この作中作のテーマは、ヒロインの抱える問題と、オーバーラップしています。それが物語を深くしてる。

 最終巻を作る際には、創作する者同士の、「なぜ書く(描く)のか」という真摯な問答があります。そのシーンが、とっても好きなのです。創作好きなら、一度は考えることじゃないかなーと。

 先生の容赦なさもよいですねー。かっこいい。意地悪なヒーロー氏が、ヒロインをちくちくいぢめるの、好きです。笑。

 BLマッチョ下ネタ、ありますので、苦手な方はご注意を。本編完結後にスピンオフあり。
 これから読み返して、先生の苦行にニヤニヤしたいと思います。オススメ。

春日坂高校漫画研究部

2012.03.17.Sat.00:26
春日坂高校漫画研究部
作品一覧 あずまの 様)

 吉村里穂子、高校二年生。リア充の兄妹に挟まれたオタクである。小説書きのキタちゃん、毒舌マリちゃん、イケメンオタクの五味に囲まれた漫研の日々。オシャレも恋も大学からでいい。そう思っていた彼女に三次元ボーイズが襲いかかる。(あらすじ 作者様)

 「『なろう』は、気に入った作者様の『お気に入り小説』を見てみるといいよ!」とアドバイスいただきまして、なるほど、こーやって探せばいいのね! と目から鱗です。好きなサイト様のリンクを辿る感覚に近いかも。
 感想を書いてる方のお気に入りも見れるので、そこから辿るのも楽しいです。よーやくあそこの歩き方が分かってきたわー。

 そんな感じでフラフラしてた時に、目に留まった作品です。
 序盤は、ヒロインと愉快な仲間たちの、漫研の日常。オタクヒロインものは結構あるけれど、今まであまり食指が動かなかったのですが、このヒロインは三次元に全く興味がないとこが良かった(笑) 彼女の語りと、オタ的友情が楽しくて、引き込まれてしまいました。

 で、微量ずつ甘さが増していくんですが。中盤からはたまらんかったです。あまずっぱい青春オラオララッシュですよ。
 ただ、彼女が三次元から遠ざかってるのは、過去のトラウマが関係してて、そゆとこも青春だなーって思いました。
 大人になれば、「あれは周りも自分も子供だったからね」って思えることも、生傷のうちは痛いし、受け止めきれない。そこを過ぎ去った私にとっては、懐かしい苦さがよぎる感じデス。

 漫研以外の友人関係や、兄妹の関係もすごく面白い。薄味ですが、逆ハー要素もあります。
 今、いいとこでお話が途切れてまして、つ、つづき……!orz 学園ラブコメが好きな方は、チェックしてみてください。連載中の長編。

 ☆ 続きはいただいたコメントのお礼です ☆
 続きを読む

赤-RED-

2012.03.13.Tue.17:57
赤-RED-
(掲載サイト:孵化スイッチ 蒼治 様)

 人を食料とする夜見の血族、そして人側で唯一、彼らに対抗しうる存在である『薔薇瞳』(ばらとう)と『魔犬』。望まずに『薔薇瞳』として覚醒したナユタは、人知れず新都に赴くことになる。その彼女を待ち受けていたのは、身代わりとしての人生だった────。(あらすじ KONA)

 この世界観、好きだー。ちょっとだけ退廃的なFTで、でも厳密には異世界ではない、っていう。その辺りは読んでみてのお楽しみ。
 ヒロイン・ナユタも見ていてすごく応援したくなる子でした。なんだかいじらしくてかわいいし!

 恋愛的には逆ハーで、ヒーロー氏たちは、ここぞって場面で萌えツボ押してきます。それぞれの男性が魅力的なのはもちろん、彼らがヒロインを好きになる過程に共感できるとこが良かった。
 逆ハーでもそうでなくても、恋愛ものの醍醐味って、キャラの魅力、そしてヒーロー氏(たち)がヒロインに恋する過程にあると思うんですよね! そこんとこの描写がはしょられてりすると萌えきれない。(← キモい語りですいません)

 わりとシリアスな設定で、若干の残酷描写がある一方、ボケツッコミで和める場面も多いです。完結済、長編。
 こちらは、以前ご紹介した「49」と同じ作者様の作品です。「49」もそうでしたが、導入や伏線、キャラ設定など、ほんと仕込みのうまい作者様だなぁと思いました。
 現代もの「キミギミック」も大変面白かったです。どちらをご紹介するかで、すんごい迷った! こちらも完結済。

 ☆ 続きはいただいたコメントのお礼です ☆
 続きを読む

日没の都

2012.03.09.Fri.11:34
日没の都 【R15】
作品一覧 ナシオカ 様)

 前世の記憶とともに異世界に転生したスーシャは、生まれつき不思議な力を持っていたが、育ての親の教えを守り、その力を使わず、料理人として平穏な日々を送っていた。
 だが、かつて一度だけ力を使った相手が、最上位神官にのぼりつめ、自分を探していたのだった。(あらすじ KONA)

 めっちゃ面白い! すごい好みですー。
 聖地バスガルクから、小国カンテグラードに移り住み、癇癪持ちな王子付の料理人として生きるスーシャ。穏やかだった彼女の人生はしかし、権力者たちの思惑が交錯する、その渦の中心へと、次第に押し流されていきます。
 宗教・国家間の駆け引き、パワーゲーム。その盤上で展開しそうな恋愛と、見どころいっぱい!

 癇癪王子はなかなかどうしてかっこかわいいし、美形な最上位神官はアブナイ魅力があるんですよねー。スーシャに対する妄愛・執着心(それもかなりの )がちょっとコワい!
 老獪な小国の王や、権力志向の青年、元貴族の少女もすごくキャラ立ってます。彼らのような脇キャラが丁寧に描写されており、群像劇みたいな重厚さがあって、そこも好き。
 そしてキャラ立ちと言えば、中年神官ジーレ様! 最初こそ、小物っぷりを存分に発揮してた彼ですが、一皮剥けたあとの存在感パネエッす。おっさんまじ漢前!!

 今は周囲に流されがちな主人公が、今後どう頑張っていくのか気になる。あと恋の行方もね! お話はまだ前半ですが、ぜひ完結まで読んでみたい作品です。
 いやー、読む前はもっと軽いの想像してたのでヤラレタ。こういう作品と出会えるからオンノベ楽しい。

Loving home

2012.03.08.Thu.19:55
Loving home
作品一覧 瀬能こゆき 様)

 四年前、母の再婚で和音(かずね)に新しい父と兄ができた。その一年後には弟・希望(のぞむ)も生まれた。だが、そのわずか二年後、母は病気で死んでしまう。それから半年が経ち、和音たち家族の生活は幼い希望を中心に慌ただしく過ぎていく。そんな中で育んでいく家族の愛、そして和音の恋の物語。(あらすじ 作者様)

 うーん例えるなら、「○ちゃんと僕」+恋愛要素 というような感じでしょうか。あの雰囲気が好きな方に、すごくオススメ。

 母親をなくし、だからこそ血の繋がらない家族を大事にしてる和音さん。しっかり者で心優しい女の子だけれど、等身大の弱さもあって、時には家族と喧嘩したりすれ違ったり。

 彼女に惹かれる同級生や、兄の仁さんはほんと優しくってイケメン! そしてちっちゃい弟、お父さんも、とっても魅力的。特にね、弟君がめっちゃかわいいんですよーーー! 幼児ええのうー(*´Д`*)
 あるすれ違いと葛藤にせつなくなったりもしましたが、良いラストでした! 番外編であの人が報われますよーに! 完結済。

土木科の女子高生。

2012.03.07.Wed.09:58
土木科の女子高生。
作品一覧 折口左右 様)

 主人公、麻井睦美の学校は県立工業高校土木科。定員四十名、内女子一人――。でも男の園に入ったからといって特別扱いはされません。そんな教室の日常をたんたんと見守る、一話完結型の短編集。(あらすじ 作者様)

 受験に失敗し、土木科へ進学を決めた睦美さんの日常。
 クラスに女子は彼女一人、でも逆ハーとかそういうのは一切ありません。マイペースでさばさばした彼女は、「友達にいたらいいなー」っていうタイプの女の子です。

 そんな彼女なので、ほぼ完全無糖……と言いたいところですが。無糖は無糖だけれど、クラスで一番バカ、と呼び声高い飯島君との会話は、なんだかほのぼのニヤニヤしちゃうんですよねー 飯島君アホすぎて笑えるしw
 まったりのんびりできる作品をお探しの方はぜひ。それほど長くないので、さっくり読めます。現在十二話まで。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。