スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEBマンガ二作

2011.01.19.Wed.19:42
退治屋 ◆index左の作品バナーからどうぞ。
(掲載サイト:芒 nogi マツリ  様)

 現在参加しているSNSで紹介されてた、和風FTです。
 「闇」を退治する青年が遭遇する事件と、彼の周囲の人のお話。三話「荼毘に付す」が泣けたー。人間じゃないものがふと見せる物悲しさってどうしてこう、心をぐいぐい押すんでしょうか。モニターが曇るじゃないか。


杉原くんの悩み ◆INDEX→GALLERY→作品へお進みください。
(掲載サイト:MIKANIST-ミカニスト- みか 様)

 学園ギャグマンガ。続きものですが、小さいエピソードが一ページずつ完結してるのがお見事!!
 テンポが良くて、キャラがくせ者ぞろいなとこも好きw 「杉原君の悩み」が気に入ったなら、「河野さんの場合。」もぜひ。下ネタが少ーしあるので、苦手な方は注意です。
 
スポンサーサイト

TRIGGER

2011.01.16.Sun.11:30
TRIGGER
(掲載サイト:elm-pirika// 和武はざの 様)

 影のあるバトルヒロインって、スゲー良くないですか!? 今回は、そんな私のツボを押しまくったWEBマンガのご紹介です。

 長びく戦争を巡って、続行派と終止派が対立する、とある国。
 主人公は、続行派が所有する兵学校に編入してきた少年です。彼はそこで、「TRIGGER」の異名を持つ少女と出会います。

 こちらの作品、展開はわりと辛口ですが、絵がかわいいんですよねー。バトルのスピード感も好きだなぁ。ふっと笑えるシーンもあって、学園ものが好きな人にもおすすめです。
 現在 PROLOGUE が改稿途中なので、(旧)をクリックすると改稿前の PROLOGUE が全ページ見られます。続き楽しみー!

お知らせ的な

2011.01.15.Sat.02:48
 お知らせの役目を果たしたと思いますので、記事は編集しました!
 閉鎖、お疲れ様でした&書籍化おめでとうございます!

☆ 続きはいただいたコメントのお礼です ☆
 
 続きを読む

1987年の思い人

2011.01.08.Sat.09:03
1987年の思い人
(掲載サイト:紅茶と小説と 月海結 様)

 手持ち無沙汰なとある夜、ケータイにかかってきた非通知の着信。それは不思議な交流の始まりだった。父と母とその親友、そして私を結ぶ、十二日間。(あらすじ KONA)

 とってもいいお話、ですが、書きすぎたらネタバレになるよ……。

 というわけで、細心の注意を払ってご紹介いたします!
 女子高生の主人公の携帯に、偶然入った一本の着信。
 かけてきた相手と話をする内に、自分との共通点を見出す主人公。しかし、その内容が食い違っていることに気づきます。そこから二人は、ある可能性に行き当たる……というお話。

 相手と主人公の関わりが少しずつ明らかになる序盤・中盤。そして最後、主人公は、非常に重要な選択を迫られます。そこはもう、思わず涙がー……!
 この手法を使った映画は何作か見ましたが、それらの名作を髣髴とさせるような、すごく良くできた物語でした。 

 また、こちらの作品は、作中の時間と同期した連載だったようです。リアルタイムで連載を追っかけてた読者は、かなーりハラハラしたんじゃないかな。

 「イルマーレ」 (韓国版が好き)、「オーロラの彼方で」、「スライディングドア」などに心当たりがある方は絶対読んだほうがいいですよ! そうでない方にもおすすめ!
 さくっと読める中編。完結済。

Rotted-S

2011.01.04.Tue.02:52
Rotted-S
(掲載サイト:no-seen flower 由紀 様)

 森で拾われた少年アージェは、物心ついた時よりある異能が備わっていた。やがて彼は、旅の途中で一人の少女と巡りあう。それは、闘争が続く大陸にもたらされた、転機の始まりだった。 (あらすじ KONA)

 200話越えの大作、このたび完結されましたー! おめでとうございます!
 いろんな要素が重層的に折り重なっていて、端的にご紹介するのは難しいのですが・・・大きくは、主人公の少年の成長物語であり、この世界における神についてのお話であり、そして、主人公が出会う人々の物語だと言えるのではないかと思います。

 脇キャラの層・質は、本当にすごい! 個人的には特に、コデュとリィアの魔法士の師弟が印象的でした。年長のコデュは絶望に似た諦めに、十代のリィアは夢想に逃避することで、闘争がやまない世界と精神的な折り合いをつけてる。これは二人の年齢がもたらす差かなぁと思いました。「楽園」の章は号泣したー。
 ヒロイン、裏ヒロイン、カタリナ、イリデアさん・・・と女性キャラもみんな良くて、また、全体的にシビアなお話ですが、ヒロインとアージェのやりとりは、終止ほのぼのしててかわいかったです!

 緻密に敷かれた伏線は、大陸最古の国ケレスメンティアのもつ秘密へと収束。神と女皇の真実を、全ての登場人物の感情を飲みこんで、主人公は最後の敵に挑みます!

 人がわりとバタバタと死んでいくのと、残酷描写が少しありますので、苦手な方はご注意ください。「Unnamed Memory」「Babel」と同じ作者様の作品です。ほんと面白いのでおすすめ!

あけましておめでとうございます!

2011.01.04.Tue.00:44
 あけましておめでとうございます!
 今年も何卒、拙ブログをよろしくお願いいたします。

 ではお知らせを二つほど!
 巨大生物企画、作品募集を終了しました! なお、作品展示は2月末までです。
 また「奇人百景 冥土道先案内」と「珪花壁雑歌」(一部)が復活してました。めさ嬉しいです!!

 あと、ここからは呟きです。
 コメントなどで作品をご紹介されることがたまにあるので、ふと思ったのですが、ここ付属のおすすめ掲示板って需要ありますか・・・? それか、紹介ブログをまとめた、はてなアンテナとか。(ただ、月一以上の更新頻度で運営されてるとこは少ないみたいです) うーんどーでしょ。いらないかなやっぱり。

 ・・・何だか締まらないご挨拶となりましたが  本年がここに来られる皆様にとって素敵な年になりますよう、心からお祈りしております!

☆ 続きはいただいたコメントのお礼です ☆
 
 続きを読む
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。