スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

缶詰ヒーロー

2010.09.30.Thu.05:49
缶詰ヒーロー
(掲載サイト:たとえ馬鹿ダと呼ばれても SHINE 様)

 世界中で大ヒットの玩具 『缶詰ヒーロー』 は自律型人形。今や彼らと共に戦う【グラディエイト】なる娯楽は人気を博していた。 青年は闘う、借金返済という大義名分の旗の下に。(あらすじ サイト様より)

 超超超面白いんです、こちら! けど! 五年ほど更新が途絶えています・・・。しかもすごくいいところで(泣) ううう。

 気を取り直してご紹介。缶を開封するまでは何が入っているか分からない、缶詰ヒーローと呼ばれる機械人形の大ヒットが、世界経済を動かしている未来のお話。
 物語は、缶詰ヒーローに全く興味が無い大学生、石若翔太(いしわか・しょうた)の元に、缶詰が届けられたところから始まります。
 この頃、世間は缶詰ヒーロー同士を戦わせる【グラディエイト】に夢中。

 この、【グラディエイト】のルールが非常ーに独創的! ふだんはは自律で動く缶詰ヒーロー。しかし、【グラディエイト】は持ち主の五感をシンクロさせて戦います。だから、持ち主の意識と機体の性能で、勝敗が左右されるのです。
 けれど、【キリイ】は、缶詰ヒーローでも最弱クラスの 「リアル」。そんな彼女と主人公が、【グラディエイト】をどう戦っていくかが見所です。
 缶詰ヒーローは、神話の神々や幻獣を模した者もいて、それぞれ個性的。彼らのガチンコバトルが熱い!

 主人公のキャラも一癖あって、独特な印象。辛口毒舌、ヘビースモーカーで、基本やる気ありません。そして絶対にデレないw
 だけど根は熱く、バトルでたびたび見せる本気はまじかっこいいです。彼の缶詰ヒーロー、【キリイ】との口喧嘩も楽しい

 文章が力強くて、時折哲学的で、SF的な描写もすごくて・・・作者様は当時高校生だったようなのですが、ちょっと信じられないほどの知識量・文章力でした。才能ある人がいるもんだ。
 にしても、どこぞの出版社から、続き出してもらえんだろうか。伏線の内容が気になりすぎる。
 バトル好き・ロボット好きな方におすすめの長編!

 ☆ 続きはいただいたコメントのお礼です ☆
 続きを読む
スポンサーサイト

巨大生物企画

2010.09.26.Sun.09:37
 暑さも和らいだ初秋の折、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 さて、この度、かねてから準備しておりました企画の告知をさせていただきます。

巨大生物企画 Presented by おすすめ★ネット小説

・募集作品は見たまんま(笑) 巨大生物が出てくればおk!
・募集期間:11月~12月。
・詳細は下記のバナーからどうぞ!



 もーう、ひっじょうに俺得な企画でワクワクが止まりません! ちなみに私も作品を提出する予定です。
 巨大生物=ロマンですよねー。参加ご希望の方も、読み手の方も、企画ページにて心よりお待ちしております!

宝箱の迷宮

2010.09.25.Sat.01:48
宝箱の迷宮
(掲載サイト:宝箱の迷宮 森ノア 様)

 ちょっと不思議な、でも何だか心がほっこりするWEBマンガです。おっとりした保安官のラルフ、彼の友人で、ちょっと変わった性格のエリックがメイン。エリックのゴーイングマイウェイさが笑えるw
 個人的には「空域」、「星の名前」が良かった! 一話完結タイプで連載中。微妙に散りばめられた謎が、喉に刺さった小骨のよーに気になる・・・!

 ところで作中にロボという名前のキャラが出てきまして。シートン動物記の「狼王ロボ」から取ったのかなーと思ってたらやっぱりそうだった! 「狼王ロボ」、子供の頃に大好きだったので嬉しかった~!
 こちらの作品を教えてくださった方、ありがとうございました!

短編四作おすすめ。

2010.09.24.Fri.11:26
 ちょっぴりご無沙汰してました。今回のご紹介はおすすめ短編詰め合わせ。どれもこれも面白いのでぜひ!!

シレーヌの封蝋
(掲載サイト:爆走ストルイピンカ 盲管 様)
 古代ギリシャが舞台。一人の女性の視点から、彼女の恋人や家族が語られます。短い中に、どの時代、どの文化に属した人でも共感できる普遍的な感情が描かれてるんではないかと・・・! 非常に完成度の高い、味わい深い短編です。

決戦は翌々日
(掲載サイト:ぬくぬくぬるま湯 真月 様)
 少し季節はずれですが、バレンタインデーのお話です。長年友達関係を続けてきた同僚に、どうやってチョコレートを渡そうか悩む主人公がかわいいです 男性視点の後日談(ホワイトデー)とセットでどうぞ!
 こちらのサイト様には他にバレンタイン短編が二作あって、そちらもおすすめです。INDEX→現代→「決戦は翌々日」とお進みください。

新世紀ビジネスドッグ学園 ~もしも飼い犬がドラッカーを読んだら~
(掲載サイト:犬祭4 sleepdog 様)
 僕っ娘な犬の一人称(笑) 飼い主の恋を応援するわんこの奮闘を描いた近未来SFなコメディ。甘酸っぱいお話でこれまたかーわいい。いろんなネタが詰めこまれてます! 「チェリー」にすっげ笑ったw
 「犬祭4」参加作品。

座敷わらしのテリトリー
(掲載サイト:ライトノベル作法研究所 Ei 様)
 幼女な座敷わらしと主人公の軽妙なやりとりが楽しいw さくっと読めておすすめ。

自由な風は君のもとに

2010.09.12.Sun.01:23
自由な風は君のもとに
◆トップページ→目次→小説 とお進みください。
(掲載サイト:翡翠の森 真知 様)

 リストラされ、求職&部屋探し中のちづる。そんな時、不動産屋の前で六歳年下の少年に声をかけられた。「部屋を貸す」 という申し出に乗って、その少年と同居を始めたちづるだが。(あらすじ KONA)

 おもしろかったですーーー!
 同居人と家主の関係から始まる二人。といっても、彼らはふつーに対等で、気を遣うことはあっても基本自然体なのです。もう、この空気感がすごく好きー
 拾われ同居系 (勝手にジャンル作ってサーセン) といえば、拾い主が過保護だったり、拾われた方が極端に卑屈だったり、バランスが偏るのが定石なので、何だかとっても新鮮でした。(王道のも好きですけれどね!)

 それと文章が非常ーに好みで。過不足のない描写、くすっと笑えるさりげないユーモア。派手ではないけれど、いつの間にかすーっと引き込まれる感覚 本屋さんの恋愛小説コーナーに並んでそうなレベルだと思うのです。

 もちろんキャラ萌えも完備!←重要 年下少年・悠二君は、落ち着いてて見目も良くて、あとちょっぴり影がある。主人公のちづるさんは普通っぽさがかわいい女性。不器用だけど、芯が強いんですよね。それと悪役がいないせいか、全体的にほのぼのデス。

 淡々と始まり、途中いろいろあって、最後は……。芸人のスピードワゴンばりにツッコミそうになりました (古くてごめんなさい)。特に大人の女性にオススメ!! さくっと読める全29話、完結。

夜伽草子

2010.09.11.Sat.02:13
夜伽草子
(掲載サイト:ムジャンルの王国 ※一部R指定あり さだか 様)

 都から離れた飛騨の深い山中、ひっそりと佇む屋敷がある。そこに住まうのは、花の化生に捧げられた贄の青年。人の世を知らぬ彼に、今宵も化生たちは夜伽を求め、代わりに様々な話を聞かせるのだった。(あらすじ KONA)

 耽美でダークな和風FT。同サイト様でおすすめいただいた 「etc.ロマンス」(トリップ+学園もの+微妙に下克上?) も面白かったので、どちらをご紹介するか迷ったのですが、和風は最近ご紹介が少ないな、てことでこちらにいたしました。

 『若』 と呼ばれる青年と、化生たちの夜伽は、人間とは違うのでちょっぴり残酷デス。でも、『若』はそれを当たり前だと思ってるので淡々と受け止めているんですね。
 そんな世間を知らない彼に、花の化生たちが聞かせる和歌や漢詩などの話が興味深い。特に李白の詩の引用が良くて! 漢詩は詳しくないけど、李白の詩はいっつも魂揺さぶられる・・・!

 刻々と移ろう四季に応じて、花の化生の顔ぶれが変わっていくのが何とも風流でした。中でも紫陽花の毒気、朝顔の初々しさが印象的。
 少し残酷な表現を含むので苦手な方はご注意ください。全十二話、完結。
 サイト様を教えてくださった方、ありがとうございました!

blue sky

2010.09.07.Tue.15:13
blue sky ◆INDEX→NOVEL→blue sky とお進みください。
(掲載サイト:飴玉文庫 カンロ 様)

 魔物として疎まれ、幼き頃より塔に幽閉されていた王女ユーリア。彼女は十七歳の朝に処刑されるはずだった。しかしエドガーナの若き王、アルフレドとの邂逅によって、ユーリアの世界は一変し────。(あらすじ KONA)

 左右で金と黒の異なる色の瞳を持つ美しい王女と、強国の若き王。二人の出会いから始まるお話。もうこの設定だけでトキメキますですよっ

 塔以外の世界をほとんど知らずに育ったユーリアは、王女然とした強さを持ちながら、まるで鳥の雛のように純粋。そんな彼女に惹かれるアルフレドもこれまた素敵! 第一印象は 「不器用そう」 な彼なのですが、なんだかんだでロマンチックなシチュを仕掛けてくださる人なのですよー すごく若いし、王っていうより王子様っぽいかも。うん。

 描写が丁寧で、エドガーナの城の様子やユーリアのドレスの美しさにもうっとり。そんな洋風FTらしい醍醐味もありつつ、一方で大変シビアなお話でもあります。
 ユーリアやアルフレドの親友たちの過去は、非常に容赦がなくて厳しいです。そりゃもう、筆舌に尽くしがたいほど・・・! けれど、だからこそユーリアの優しさや気高さ、アルフレドたちがたがいを大切にする様が胸に迫ってくるのだと思います。
 ユーリアが塔の生活を回想する場面はなけた・・・(泣)

 一箇所、強烈な描写があるので (軽い気持ちで読むと後悔するかも★) 注意書きをよくご確認ください。連載中の長編。

☆ 続きはいただいた拍手コメントのお礼と徒然です ☆

 続きを読む

徒花の恋

2010.09.02.Thu.01:52
徒花の恋
小説一覧 ミナ 様)

 木綿子は、由緒ある料亭 「淡粋」 の娘。父の借金をきっかけに、店の常連客の息子・智紀と結婚したけれど、些細な誤解からすれ違うばかりで────。(あらすじ KONA)

 とってもしっとりした、真面目なかんじのお話なのです。なのですが、不器用な大人二人のやりとりが、かぁわいーーーーー 人によっては 「切ない」 ってなるかもしれないけど、私は 「かわいい」 でした。ハイ。

 素朴で内気な木綿子さんと、仕事人間な智紀さんは、新婚なのに家庭内別居中。仮面夫婦な二人の視点を交互に入れかえて、お話は進みます。
 言葉が足りず、あと一歩が踏み出せないまま、さらなる誤解が生じてすれ違いスパイラルへ・・・。そんな二人の関係は、まるで初恋のよう。とにかく初々しいっ。(木綿子さんはほぼ初恋?) 本人同士は必死だけれど、何だかにまにましちゃうんですよー

 勇気出して、メールに絵文字入れる木綿子さん、超かわいい! また、真面目で純粋な智紀さんは、あまりそうは感じさせませんが、御曹司さん。ほんのりセレブな雰囲気です。
 さらっとした文章で読みやすいのでおすすめ。中編、完結。

☆ 続きはいただいた拍手コメントのお礼です ☆

 続きを読む
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。