スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー見てます。

2010.06.25.Fri.03:55
 ワールドカップ見てて、オンノベを読むペースが落ちてます。すみません。というわけで、最近読んだけど理由があってご紹介してなかった作品をいくつか挙げておきます。

■我らの望みはありふれたもの! (小説家になろう)
閉じ込められ系MMORPG。設定が面白かった。でもちょーっと文章が読みにくい。長編完結。

■冬季限定 (sevendays?)
現代恋愛もの。真面目な女子大生が年下高校生と同居することに。
冬のお話ですが、冬を待ってたらうっかり忘れそうなのでこちらでご紹介。中編完結。

■霧の中の胎児 (東邦辞院) R15
釧路が舞台の現代もの。すっごく面白いけどものっそいところで更新が止まってる・・・!
追記;サイト名が間違っておりました。大変失礼いたしました。

■遅れてきた大魔王 (ひとりぶんげいぶ菜花堂)
現代FT? 真面目な女子高生と謎めいた男の話。最後の辺りが好き。中編完結。

 今まさに日本×デンマーク見てます。もう、ひやひやしますねー。勝ってほしいな!
スポンサーサイト

泥濘 -ぬかるみ-

2010.06.16.Wed.01:55
泥濘 -ぬかるみ-
(掲載サイト:はななぬか ナノハ 様)

 絶対に悟らせない。────彼女への報われない思いを晒す事などせず、少しずつ追い詰めて心の内側へと入っていく。その戸惑いを一人愉しみながら。美しさの微塵も無い汚れた泥濘へ、堕ちていくようだと怯えながら。(あらすじ サイト様)

 男の子視点のシリアスな恋愛ものです。
 彼氏がいる上に、苦手なタイプの女の子に惹かれてしまった、主人公・三島君。彼のドSっぷりがたまりませんっ

 好きだから、思い通りにならないから、傷つけたいし支配したい。あえてひどいことを言ったり、さりげなく触れたりして、静かに彼女を追い詰めていく彼に、私、いつの間にか共感してました。自分でもすごくびっくりしたんですよ。「私にもこんなSな部分があったんか!」 と思って(笑)

 これは、お話を紡ぐ作者様の舵取りが非常に上手いのだと思います。危ういキャラや関係に、きちんと感情移入させてくれる。
 傷つけながらも彼女を大切に思う (←これすごく大事) 三島君の内面がちゃんと伝わってきますし、彼の純粋な恋心も、揺れる彼女の感情も、読み手には見えてる。
 そこはかとなくエロスな雰囲気にもゾクゾクしました。(※全年齢向け作品です) この作品のように間接的に表現されてる方が自分は好みデス。脳内補完の準備はいつでもおk。

 読み終えて、関係をコントロールしてたのは実際どちらだったんだろうと深読みするのも一興。また、ヒロインに感情移入してMに目覚めちゃう方もおられるようですョ。新しい自分に出会えるかも・・・? すごく面白くて一気読みでした。完結、長編。

 ☆ 続きはいただいた拍手コメントのお礼です ☆
 続きを読む

魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」

2010.06.08.Tue.07:01
魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」
(掲載:まとめサイト ママレードサンド 様)

 人間界と魔界に分かたれた世界。人間と魔族の戦争が絶えない時代に王位についた、経済知識だけはチートな魔王 (♀) は、自分を倒しにやってきた勇者 (♂) を味方にスカウトした。────「あの丘の向こうにあるものが見たい」、と。そうして契約を交わした二人の、長い試行の旅が始まる。(あらすじ KONA)

 「まおゆう」 の略称で有名な、2ちゃんに投稿された戯曲風の小説。
 冒頭、「世界の半分をやろう」 という有名な台詞を、経済的観点から、魔王自身が否定しちゃうw そんな魔王が人間界でまず始めたのは、麦の輪作なのです(笑)

 中世的な経済がベースにあって、その経済流通が分かりやすく解説されてて面白いし、異なるイデオロギーを持つ人間や魔族がいる重厚な世界観に引きこまれます。彼らが歴史の大きなうねりを仕掛け、あるいは飲み込まれていく様は圧巻! 策士好きにはたまらないキャラも複数いて、その辺も楽しかった。
 戦記としては、中盤の極光島奪回、終盤の都市攻防戦が熱かったです!

 文体が特殊 (台詞のみで進行) なこと、経済用語の多用、比較的男性向けな点など、人によってはとっつきにくい要素があることはあります。が、内政・経済・戦争における戦略戦術をがっつり書いたオンノベとしては、間違いなく最高峰の一角です。
 そんな感じで戦記的な印象なのですが、ラストを見ると、正統派FTでもあって・・・とまあ、カテゴリーはこの際、どうでも良くて。読んでて、気がついたら夜が明けてたんですよ。はは・・・orz

 完結していますし、読み応えも十分。上記リンク以外にもまとめサイトがあります。
 ところでこちらの作品、書籍化の企画があるそうです。その際は地の文付でリライトしてほしい 普通の小説の形式でも読んでみたいです。

召喚獣猫の手

2010.06.05.Sat.14:41
召喚獣猫の手
(掲載サイト:召喚獣猫の手 L島 咲 様)

 今回は、ブログで連載中のWEBマンガのご紹介。魔女っ子アガサと猫の手のほのぼのシュールな日常がめちゃくちゃ面白いです(笑) 毛ミーが超かわいい!
 もう、素直な所感を言っちゃってもいいしょうか。・・・ こ れ は 流 行 る ! (※私の中ではすでに大流行です)

 台詞がなく、ほぼ絵と効果音だけなのにとっても分かりやすいし、予想斜め上な展開にニヤニヤしちゃう。発想がスゴイ。個人的には、アノ王様の行方が気になります・・・! 再登場はあるのでしょうか。
 左上の目次から時系列順に読めます。とってもオススメです♪

 ☆ 続きはいただいた拍手コメントのお礼です ☆
 続きを読む

雪の朝

2010.06.03.Thu.02:06
雪の朝 ◆INDEX→NOVEL→雪の朝 とお進みください。
(掲載サイト:静かに光が満ちていく 小田桐直 様)

 酔った勢いで一晩を共にしてしまった佐々木路子と大学生の新井。同じ書店で働く二人には、けれど、それぞれに好きな人がいて。(あらすじ KONA)

 二人の視点でお話が進む恋愛小説です。ある理由で自暴自棄な路子と、彼女持ちの新井君。二人の間に思いがけなく生じた関係を理性で否定しようとしても、相手が気になってしまう。そんな彼らの心の揺れが、淡々とした文章の行間に見え隠れします。それは甘くもあり、ほろ苦くもあり。

 ところで私、浮気とか不倫のお話って少々苦手なのですよね (異世界とかコメディのハーレム要素は平気なんですけど!) しかし、こちらの作品に出てくる人々は、「同じ世界に生きてて、同じように泣いて笑う人間なんだな」 と思えるので、苦手でもつい感情移入してしまいます。

 冬の札幌の風景や彼らの生活、感情の変化が自然に描写されていて、キャラクターがそこに生きてるっていう感じがすごくする。そこがとっても好きです。ネット小説は浮世離れしたお話が多いけれど、そしてそういう作品だってもちろん好きだけれど、こちらのような地に足着いた雰囲気の作品も素敵だなと思います
 しっとりじんわりしたい方におすすめ。以前ご紹介した短編、「霜月」 と同じ作者様。完結、中編。

 ☆ 続きは拍手コメントのお礼です ☆
 
 続きを読む
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。