オンノベ廃度チェッカー(仮)

2010.05.27.Thu.02:08
 次の企画を考えてて、ふと思いついた 「オンノベ廃度チェッカー(仮)」。ものっそい適当ですが、やってみたい方は続きからどうぞ!
 続きを読む

愛で見つけてみせましょう!

2010.05.26.Wed.01:09
愛で見つけてみせましょう!
(掲載サイト:作品一覧 シトラチネ 様)

 父親の退職をきっかけに始めたバイト先で、不思議な二人組と出会った莉子。翌日再会したその二人組、律季と大牙にメイドとして雇われた彼女は、大牙の下顎骨に一目惚れ。律季をライバル視しつつ、大牙の気を引こうと奮闘する莉子の明日はどっちだ!(あらすじ KONA)

 ほんっと面白かったです! 骨フェチ莉子の空回りに笑うし、大牙はとある果物に命懸けてるし。私の一番お気に入りは律季君。失せ物探しを不思議な力で解決する彼の決め台詞は、「愛で見つけてみせましょう!」(タイトルにもなってますね!)。彼は、莉子いわく、愛の女神が後ろについてるような男の子。
 依頼解決の最後に、たびたび彼は偉人の名言を引用します。それらはパズルのピースみたいに各エピソードにピッタリはまる! 彼なりの名言の解釈も良いのですよー。

 最初からテンション高めで楽しめますが、後半は特に印象的なエピソードが多かったです。絵画の真贋を鑑定するお話とか、20世紀の贋作者メーヘレンを思い出してホロリとしたし。作者様の高い文章力と広い知識がきっちりラブコメに昇華されているところも私的にブラボー!!

 ただしこちらのサイト様、長らく更新されていませんorz でも、それを理由に読まないのはもったいない! ラブコメ好きさんにオススメな現代FT。シリーズ作品です。

11/08/04 拍手コメより、こちらの作品が、小説家になろうに別名義で再掲されたことをお知らせいただきました。
復活すごく嬉しいです。ご連絡ありがとうございました!

深奏(フカク カナデ)

2010.05.22.Sat.02:17
深奏(フカク カナデ)
◆top→novel→long story→深奏(フカク カナデ) とお進みください。
(掲載サイト:眠り月の彷徨い 朱鷺 様)

 真潤 (まひる) が中学生の頃、お隣に引っ越してきた一家には、風変わりな兄、宇龍 (うりゅう) と、同い年の弟、壱佐 (かずさ) がいた。ただのお隣さんとは少し異なる距離感でそれぞれと接してきた真潤だが、大学に入った年の夏、彼女の心にかすかな変化が訪れて────。(あらすじ KONA)

 ヘビーなお話を読んだ後は、反動でほんわかしたお話を読みたくなるんですよねー というわけで、やさしい雰囲気のラブストーリーをご紹介!

 音楽家らしき宇龍さん=先生の音楽を心の底で切望しながら、彼の領域に立ち入らない、真潤。それを知りつつ、自分の音楽から彼女を遠ざける宇龍さん。そんな二人から漂う空気感がとても良かったです。
 繊細で天然っぽい宇龍さんは、母性本能をくすぐるタイプのお兄さん! ふわふわした感じがかわいいです。そんな彼を気づかう真潤も、細やかでやさしい女の子だと思いました。
 一方、弟の壱佐 (かずさ) と真潤は 「親友」 と呼べるほどの親しい仲。こちらも人懐っこい雰囲気がかわいい男の子です。真潤と彼の、気安い、信頼しあってる関係も好きでした。

 ある女性が現れたことをきっかけに、真潤の心や彼ら兄弟も変わっていくのですが、その変化が真潤の視点で綴られています。
 とにかく透明感あふれる文章で、とっても心地良かったです。タイトルの通り、深いピアノの音色が聞こえてくるような、癒されるお話でした! 読後感も爽やか 中編、完結。

Gold Mother

2010.05.21.Fri.01:22
Gold Mother
(掲載サイト:先人に学べ 桂 様)

11/10/06 リンク切れを確認。
 旧紀の文明が崩壊して三百年余。荒廃した地球に生き残った人々は、ヤードと呼ばれる地区で生きながらえていた。その一つである、セカンドシーズン・ヤードの頭、シェンムは、名を捨てた不思議な女と出会う。彼は、女に“シバ”と名付け、惹かれていくが、彼女は途方もない秘密を抱えていたのだった。(あらすじ KONA)

 いやもう、すっっっごい面白かったです!! このクオリティがタダで読めるとか・・・まじですごい。
 序盤、シバとシェンムの気の抜けた掛け合いの水面下で、西側ヤードと東側ヤードの抗争が進行。お話はどんどんきな臭さを増していきます。やがて、ヤードは危機に晒され────というのが、おおまかなあらすじ。
 お話自体も魅力的ですが、何といっても、強かに逆境を生きるキャラクター群に圧倒されました。

 思うに、このお話の真髄は、登場人物が出揃った中盤以降にあるのではないでしょうか。登場人物はみな、光と影の部分を持ち、過去があって、彼らが緻密に関係しあいながら、物語は進んでいきます。それはさながら、オーケストラのよう。異なる種類の楽器がそれぞれ、時には主旋律を、時には伴奏を奏で、一つの音楽を構成するのに似ています。(お話の中身からすると、ちょっと上品な例えかもしれませんが!)

 中でもひときわ異彩を放つキャラクターが、シバ。母性的で、残酷で、奔放。そして、彼女の能力がゆえの孤独、狂気、驕りが余すところなく描かれています。あと、ヤードの頭、シェンムがとってもいい味出してる。彼は普通に考えれば結構な悪人なんですけど、殺伐としたこの世界においては清涼剤的役割(笑) 彼が喋るとほっとするw

 乾いた、無骨な世界観も個人的には好きでした。かなりの量の流血描写や甘さのない展開なので人を選ぶ作品かなーと思いますが、読み応えは抜群です。それにしても、サイト休止中とは・・・泣けマスネ・・・! 続きプリィズ! アンケートで教えてくださった方、本当にありがとうございました!

※リンク切れ、めさ悲しいです……。
 再開・移転など何かご存知の方はぜひともお知らせください!

正しい奴隷の育て方

2010.05.11.Tue.01:48
正しい奴隷の育て方
(掲載サイト:Sugarless ひの 様)

11/10/16 閉鎖を確認。
 エリート騎士ダーウィンは、とある事件に関わった縁で、魔族で奴隷の少女ミルヒを引き取ることを決めた。最初は隷属しか知らないミルヒを冷たく扱っていたダーウィンだったが、ミルヒの変化は彼の心境も少しずつ変えていく。(あらすじ KONA)

 銃と馬車とガス灯という、近代的なモチーフに彩られた異世界FT。
 舞台となる王国の騎士団は、黒スーツに銃を装備。剣と鎧じゃないって所がまず、目を引きます。

 でですね、その騎士団に所属する主人公のダーウィンが、とっても魅力的なのです。一見すると、すんごくヤナ奴ですが、読み進むうち、彼の不器用な優しさ、芯の強さが見えてくるんですね。 己を貫く男の背中はかっこいいっす!

 一方、ダーウィンに引き取られたミルヒは、自分らしく、人らしくなろうと彼女なりに奮闘します。それがかわいい! でも、いかんせんダーウィンがカルシウム不足で (笑) 地を出し切れないw
 そんな二人のすれ違いの背景には、歪な社会制度の存在があって、実はそれが意思疎通を困難にしてる。印象的なタイトルですが、意味合いは非常に重いなあと感じました。

 お話としては、胸が痛くなるような奴隷たちの描写がある一方で、ほのぼの日常、あるいはダーウィンのお仕事ものとして、または 「ダーウィン素敵!」「ミルヒ可愛い!」 といったキャラものとしても読めちゃいます。この、重すぎず軽すぎずなさじ加減、すごい!
 にしても、二人は今後どうなるんだろ。今んとこ、恋愛ものっぽくはないけど・・・?

 若干流血描写がありますので、苦手な方はご注意を。長編、連載中の異世界FT。

☆ 続きは拍手コメントのお礼になります! ☆

 続きを読む

おすすめ★特設⑧

2010.05.09.Sun.05:42
 今回の特設は4月11日~5月8日に実施した 「おすすめ★アンケートpart2」 の結果発表です! アンケートには、43名の方にご協力いただきました。皆様、本当にありがとうございました!!
 気になる集計結果は続きからです。

 続きを読む

アンケート締切ました!

2010.05.09.Sun.05:02
 「おすすめ★アンケート」 を締切らせていただきました! また、添えてくださったメッセージも大変ありがたく読ませていただきました! 気になる集計結果は後ほど更新させていただきますが、先にコメントのお礼をしたいと思います。
 掲載不要でコメントくださった方も、ありがとうございました!

 続きを読む

ペットな王子様

2010.05.06.Thu.02:12
ペットな王子様
(掲載サイト:Angel's Wing 水無月 様)

 女子高生の日向葵は、失恋した帰り道、小さな黒猫を拾った。けれど、朝起きてみると隣にいたのは子猫ではなく美少年で?(あらすじ KONA)

 拾った子猫が実は・・・と言うお話。その子猫と少年はある方法で入れ替わるんですが・・・これはもう、読んでみてください(笑)
 この少年が俺様かつちびっ子で、すっごく可愛い! 主人公・葵もいい感じ。生活面ではしっかり者だけど面食いで鈍感。でも完璧じゃないからこそ、ほっとできるそんな女の子です。親子のような、でもほのかに甘い二人の微妙な関係が好き。
 脇役たちもいい味出してます。葵の同級生、蓮君には思わず 「がんばれ」 と呟いてしまう。変態なジニアさんは他人に嫌がらせしてる時、とても輝いてます

 実はこちら、オンノベにはまった当初、連載を追っかけてた思い出の一作です。少女マンガや少女向け小説を読まなくなってた当時の自分には、こういったオンノベの世界がホント衝撃だったんですよね~! あと、タイトルのインパクトがね(笑)
 オンノベは、書き手さんにとって読みたいお話であるという側面が少なからずあると思いますが、それが新たな萌えとの出会いだったりします(笑) ショタとか興味ないけど、この王子はかわいすぎる。

 その後見失ってたこの作品、ふと思い出してぐぐった所・・・速攻見つかりました さくさく読みやすい文章で、明るいノリの現代FT。現在第二部が連載中。

 ☆ 続きは遅くなりましたが拍手コメのお礼です ☆
 続きを読む

ボカロオリジナルを歌ってみた

2010.05.04.Tue.07:16
 さて今回は 「ボカロオリジナルを歌ってみた」 のご紹介です。自分のマイリス代わりでもあるので、有名動画ばかりですがご容赦を ・・・プレミアム羨ましい!
 話がそれました。歌い手さんによって新たな面を見せるボカロオリジナル曲♪ 続きからどうぞ。

 続きを読む
 | HOME |