どこまでも曖昧なワタシタチ

2009.06.27.Sat.04:56
どこまでも曖昧なワタシタチ
(掲載サイト:Asymmetry 神崎みこ 様)

 ひょんなことから出会った工学系准教授の吉井と、文系院生の由香子。食事を奢る代わりに週一で研究室の片付けをする約束をした二人の表面はあくまで教師と学生。けれどその内面は────。(あらすじ KONA)

 いやーーーー、こういうのが読みたかったんですよ! 年の差、じれじれ、そしてキャラの造詣に至るまでツボです。クールな吉井先生とマイペースな由香子、この二人の会話にくすっと笑い、ポーカーフェイスに切なくなったりでした。
 心情のちょっとした変化は、けれどあまりあからさまに描写されず、その歯痒さがたまらなかった! いいなあ。いい話だ。シリアス含みの中編です。

 また、連載中の 「雨夜の月」 は、紹介済の 「奇人百景 冥土道先案内」 のテイストがお好きな方にかなりおすすめ! こちらはコメディ成分多めとなっています。

迷い子は夜明けの歌を歌う

2009.06.23.Tue.12:58
迷い子は夜明けの歌を歌う
(掲載サイト:小説家になろう  旭 様)

 大陸屈指の総合学園アウレスーラで退屈な時間を過ごす少女アーシャは、野外実習の課題に誘われて魔法学部の少女シャル、武術学部の少年ジェイ、ディーンと旅に出た。西風の吹くその森で、四人の物語が始まる。(あらすじ KONA)

 「小説家になろう」 から初めてご紹介。「なろう」 は行間が詰まってて読みにくいイメージがあったのですが、改善されたのか、または私が慣れたのか、今回まったく気になりませんでした。

 さてこちらの作品、正統派ファンタジーといった趣の世界観が素敵! もちろん、わくわくするのは世界観だけじゃーありません。主要四人を始めキャラがとっても生き生きしてて、楽しいのですよー!
 生い立ちに負い目を抱えながら、 (明らかにされてない部分もあります) でも、互いの友情に励まされてそれに立ち向かっていく四人の姿にじーんとします。
 また、作者とキャラクターの距離感っていろいろだと思うのですが、こちらの作品は、キャラを見守る作者様の視線に温かさがあるんですよね じんわりします。

 彼らの行く末と、謎いっぱいのお話の続きが気になってしょーがない。現在連載休止中なので、のんびり再開を待ちたいです。作者様のサイトには、「迷い子~」 のほのぼのマンガがあるので、気になる方はぜひ。

→ Rolo (旭様のオリジナル小説サイト)

屋根の上の切り裂きジャック 

2009.06.10.Wed.02:16
屋根の上の切り裂きジャック
(掲載サイト:根雨亭 根雨 一郎)

14/03/12 リンク切れを確認。
 「“屋根の上の切り裂きジャック”って知ってる?」────まことしやかに囁かれる噂など、俺は信じちゃいなかった。月が町を照らす不思議な晩に、あいつと遭遇するまでは。(あらすじ KONA)

 ホラーファンタジーな短編。一話の中に、独特の世界観がきっちり書き込まれてます。しかもその設定がすっごく面白かった! 小ネタにくすりと笑いつつ、一気読みでした。
 ヒロインの造詣も含め、いろんな意味でラノベっぽいのが気になりましたが、昨今のラノベに馴染まれた方ならすんなり入っていけるのかもしれません。

 ところで、こちらのお話で語られるホラーコメデイ映画とは、「永遠に美しく・・・」 だと思います。この映画、ブルース・ウィリス、メリル・ストリープ、ゴールディ・ホーンと名優が雁首揃えてるのにすんごいB級! 映画館で呆然としたんですよねー、懐かしいなー(笑)

ユグドラシル

2009.06.10.Wed.01:46
ユグドラシル
(掲載サイト:空雨宿り 葉居スイ 様)

 幼い王女ルノと彼女に甘い従者イジュ。二人を軸にしたとある王国の日常。(あらすじ KONA)

 奔放な王女ルノが巻き起こすほのぼのした騒動がメインですが、平和な王国でも皆が幸せかといえばそうではなく、その辺りの描写のバランスがいいなと思いました! 現在、ルノとイジュの出会いを描いた過去話が連載中で、どんな経緯を経て今に至ったか気になるところ。
 ですが、プロローグの内容からして物語はまだまだ序盤なのかもしれません。今のところ恋愛要素はほぼ無しですが、なんだかんだで仲良しな二人の今後に期待です!

 以前ご紹介した 「病み蛍」 の狛やルノなど、この方の描く女の子は高飛車な子でもなぜか好感が持てるんですよね。アンケートで挙げていただいた 「数多の花と、ただ一片の」 や、退廃的な雰囲気の 「刺青」 もすごく良かった!

きつねの子

2009.06.02.Tue.02:35
きつねの子
(掲載サイト:土手、橋のした劇場。 ススキノ 様)

 満開の桜の下で出会った、狐の面の子どもと桜に宿るあやかし。幻想的な花街でひっそり紡がれる二人の交流はやがて───。(あらすじ KONA)

 狐面の子ども、「やこ」 と気位の高い桜のあやかし。恋とも呼べぬ彼らの淡い関係が、いつしかお互いの拠り所となっていく様が非常に良かったです! 美しく繊細なお話で、切ないラストにうるっときた。花街の退廃的な空気がいい味出してます。
 番外編 「きつね論議」 もこれまた良いです。 全4話の和風ファンタジー、完結済。

 2chで紹介されていた 「Sorcerer ~さりとて頭に花は咲く~」 や 「薄紅の君」 もとても良かったですし、「無題」、「商運握りし先の果て」 など、この方の短編はどれも大好き! おすすめです。

 | HOME |