千獄の宵に宴を

2008.09.30.Tue.12:46
千獄の宵に宴を
(掲載サイト:RoicoeuR 緋都 様)

 兄弟として育てられた孤児、汰貴(タキ)と赤坐(アカザ)は、スリをしながら気楽な毎日を過ごしていた。しかし、故郷に戻った二人の前に、斬太(ザンタ)と名乗る隻眼の妖怪が現れた時から歯車が狂いはじめる。地獄の釜が開くとき、前世から続く因縁に決着を────。(あらすじ KONA)

 序盤の汰貴と赤坐の関係がすごく好きだったので、中盤以降の展開はやや残念だったのですが、実質的には、それ以降が本編と言えるかもしれません。変わった能力を持つ妖怪や神様がたくさん出てきて、物語はダイナミックに動き出します。また、汰貴と赤坐以外にも、対になったキャラがお話を深くしていて、とても読み応えがありました!
 それとイラストがめっちゃ好み! この絵師さんで漫画化したら買うわ。キャラ絵もぜひチェックしてみてほしいです!

 長編和風ファンタジーで、番外編がいくつかあります。多少残酷な場面があるので、苦手な方はご注意を。

そういえばあの頃俺たちが作った秘密基地は

2008.09.30.Tue.01:00
そういえばあの頃俺たちが作った秘密基地は
(掲載サイト:泣ける2ちゃんねる)

 「泣ける2ちゃんねる」 より、ノスタルジックなスレまとめ。私は小さい頃、秘密基地を作ったりしましたが、女子では少数派でしょうか。ていうか、男子はなぜ秘密基地にエロ本を隠すのか謎w 他に大事な物あるだろーに。

 ちなみに、この「秘密基地」シリーズは書籍化されてます。最近、「ハム速」 をよく読むので、「泣ける~」 の編集は削り過ぎな感があって、少し物足りないけど、リアルなお話が豊富にあってオススメ。

愛しいあなたに冠を

2008.09.26.Fri.01:00
愛しいあなたに冠を
(掲載サイト:ブブンキョクヒツ 曲 様)

12/08/04 リンク切れを確認。
 突然城から呼び出された町娘テアを前に、王の命令が下る。「この娘を娶った者に王位を与える!」 何が何だかわからないまま、テアは王位をかけた花嫁争奪戦の渦中に放りこまれてしまい───。あらすじ KONA)

 こんな羨ましくない逆ハーも珍しい!(笑) 結婚を迫る男はアレな人ばっかだし、暗殺者に狙われるし、部屋にはいろんな人が忍んでくるしで落ち着かない そんな中で主人公が人間不信になっていく(?)コメディです。
 とはいえアレな人達はみんなツボ! 個人的に暗殺者のヴォルフがお気に入り。彼の行動には何度も ゙;`;・(゚ε゚ )ブフォッ! となりました。

 現在連載中で、今のところ中編程度の長さ。フラグが立ちまくる中、テアは一体誰と結ばれるのでしょーか。続きが気になりまする!

更新状況

2008.09.23.Tue.07:07
 少し忙しくなるので、今週から週1~2回程度の更新となります。すみません。

 ちなみに私の場合、ブログを毎日更新するために小説を読んでると、短編か中編が限界です。書くのも読むのも遅くって・・・更新は少なくなりますが、がっつり読みたい長編もいくつかありますので、いずれご紹介できたらばと思います。

 ここから独り言。2ちゃんのネット小説紹介スレの過去ログをちまちま読んでます。匿名ならではの率直な感想は興味深いですねー。無意味な叩き合いもありますけど。ただ、紹介されている面白そうな小説でも、古いログだとサイト閉鎖も多くて残念。
 同様に、以前読んだ作品をご紹介しようと、記憶を頼りに検索しても、出てこない場合が結構あります。記憶力不足のせいか、サイト閉鎖か・・・どちらにしても残念。ネット小説っていつでも読めるけど、「いつまでも」 読めるとは限らないんですよね。本当に。

時々山椒時々砂糖

2008.09.23.Tue.06:28
時々山椒時々砂糖
(掲載サイト:BARROCO 千花鶏 様)

 皮肉屋の勤労少女・みちる と、表裏ある美少年・叶(かなえ)。ただの知り合いというには近すぎ、友人というほどつるみはせず、家族のようにお互いを理解しているが、恋人というほど甘くない。そんな二人と彼らを見守る人々のお話。(あらすじ サイト様より)

 幼馴染のみちると叶。二人の関係を、いろんな視点から切り取った短編集。みちる視点、叶視点、会話調など、一話ごとに違った角度から見せてくれます。きれいな文章でとっても読みやすい!

 悪友同士のようでいて、非常に繊細な空気を漂わせる二人。その理由が明らかになるにつれて切なさも増していき、読んでて胸が痛くなります。そんな二人の関係に、やがて変化が訪れます。

 本編完結・番外編あり。サイト様からはこちらの他、「千日紅の虚偽」、「裏切りの帝国」 をご紹介しています!

二人の魔法使い

2008.09.23.Tue.05:46
二人の魔法使い
(掲載サイト:テキストクニスケ 立口クニスケ様)

14/03/12 リンク切れを確認。
 世界には二人の魔法使いがいました。一人は癒しの力によって敬われ、もう一人は破壊の力によって恐れられていました。そしてある日────。(あらすじ KONA)

 「ネット小説in2ちゃんまとめ Wiki」 で紹介されていた作品です。児童文学のような語り口の短編。ストーリーは全然違うけど、「MONSTER」(マンガ)に出てくる絵本、「なまえのないかいぶつ」 に近い雰囲気。
 せめて小説の中くらい、主人公には強く優しくあってほしいなと思うのですが、これは・・・泣ける。 サイトTOPにリンクしましたので、「小説」ページの短編コーナーからお入りください。

妖精?たちのお菓子の家!

2008.09.20.Sat.12:08
妖精?たちのお菓子の家!
(掲載サイト:COOKPAD らんぷあい 様) 今日は誕生日なので、願望を込めて、お料理サイトより壮絶に可愛いお菓子の家をご紹介。昔 「ヘンゼルとグレーテル」 を読んで 「お菓子の家」 を想像したけど、これは想像以上のミニチュア版!

 スクロールしてディテールを見ていくと、手間暇かかっているのが良く分かります。こんなの作ってくれるカーチャン欲しかった! うちの母親の手作りお菓子はホットケーキが限界でしたから・・・それはそれで好きでしたけど。
 この方の作るケーキやお菓子は本当にメルヘンで可愛いです! 他にもいくつかリンクしたので、ぜひご覧になってください。

お菓子の家!2005「アンパンマンのパン工場」

チャーリーとチョコレート工場のお菓子の家

≪森永・DEAR≫でハロウィンケーキ!

緑影騎士

2008.09.19.Fri.12:40
緑影騎士
(掲載サイト:清竜王国 清竜 様)

 かつて、大陸にあった独裁国家モルタヴィアは、新興国ジルベールの三人の英雄によって滅ぼされた。しかし、英雄の一人だったジルベール王ルークが病死し、モルタヴィア王女だった彼の王妃が女王として即位した時、新たな粛清と恐怖政治が始まる。英雄の子らは反乱軍を組織し、女王に立ち向かうが───。(あらすじ KONA)

 シリアスでダークな異世界ファンタジー。こういうの苦手なのに、なぜか面白くて一気読み! で、後書きを読んで理由が判明! 「真っ白な善もなければ真っ黒な悪もないのではないか」 がこの作品のテーマでした。これは、わかるわー。

 ところで私、映画 「スパイダーマン」 と 「X‐MEN」 が大好きです。エンターテイメントでありながら、登場人物に誰しも持ち得る 「弱さ」 が窺えるからです。「スパイダーマン」 の主人公は、強盗が叔父を殺すまで力を自分のためだけに使っていたし、「X-MEN」 の悪役マグニートーは、ナチスに家族を殺され人間を憎むようになったんですね。
 この作品もまた、残酷描写に見合う 「弱さ」 を描いていたから面白かったんだと思います。主人公が「英雄」の子供たちで、親に力が及ばずとも必死な所も良かった! ただ・・・反乱軍が立ちあがる経緯とか、キャラの性格付けを少し丁寧に見たかったかな。

 いくつか中編も読ませていただきましたが、人間の身勝手さを織り交ぜつつ、最後に救いがあって興味深かったです。重めですが、読み応えがある長編、完結済み。

恋をおしえて

2008.09.18.Thu.12:45
恋をおしえて(佳乃編)
続・恋をおしえて(花乃編)

(掲載サイト:ゆらゆら屋 鈴鹿 様)

 入学以来、成績トップを走り続ける秀才、佳乃と、のほほんとしてマイペースな花乃。恋を知らなかった双子の姉妹の、卒業までの約一年を描いた学園ラブストーリー。(あらすじ KONA)

 王道学園ラブコメ。エロが禁じ手だった時代の少女マンガな展開ですが、本当にキュンキュンします!! (古いとかじゃなく、すごーくいい意味で。) 全くもってけしからん!・・・キュン

 この作品のすごい所は、ダイソン並の吸引力。恋する乙女の心理描写や、ドキドキするシチュエーションを仕掛けるのが上ーー手!! しかも、それを読み手に意識させないという。その辺りがすごく、上質な少女マンガのような印象なんですよね。
 あっという間に引き込まれて、貪り読み、最終回の卒業式では登場人物たちと一緒に卒業を噛みしめていました。

 花乃編後半、印象的だった台詞は 「わたしたちは好きになる人を選べない」。そう、恋とは落ちてしまうものなんです! 佳乃編、花乃編、各50話で読み応え抜群。完結済。

昨夜、キス童貞卒業したああああ!!

2008.09.17.Wed.12:13
昨夜、キス童貞卒業したああああ!!
(掲載サイト:ハム速)

 ハム速より、2ちゃんスレのまとめ。大将に惚れた後、ラーメン屋に走りたくなります(笑) >>1 はめっちゃ空気になっとるwww オチが好き! それにしても、ハム速は本当に編集うまいですねー。
 あーーーー塩とんこつとチャーシュー丼食べたくなった!

 | HOME | Next »