たんぽぽ仙女

2009.07.24.Fri.01:26
たんぽぽ仙女
(掲載サイト:第2回恋愛ファンタジー小説コンテスト 香柳 様)

 銀華園に住まう花の精、黄英は人間の男から求婚されて戸惑うが、ある日彼が重い病気だと知り────中華風恋愛ファンタジー。(あらすじ KONA)

 「第2回恋愛ファンタジー小説コンテスト」 で一位を獲得した短編です。 ※コンテストは応募、投票ともに終了。すっごい可愛いお話で、情景描写も素敵でした! 長編で読んでみたい作品です。

 こちらのコンテストの作品は、キュンキュンするお話が多くてとても楽しかったです。他に、「司書見習いの業務日誌」、「猫かぶり公子」、年の差好きには超ツボな 「太陽と月の終わらない恋の歌」、女騎士の戦いを描いた 「騎士アリアの恋」 がおすすめ!

ウォーターメロンマン

2009.07.01.Wed.05:11
ウォーターメロンマン
(掲載サイト:Sleepdog's Salon Sleepdog 様)


 退屈な愛にあふれた夜を、スイカ頭の男が走る。そして、そのとき運命の出会いが……。(あらすじ サイト様より)

 一言で言えば、テ ラ シ ュ ー ル w な短編。スイカ頭って比喩ではなく本当にスイカなんです。しかも、スイカの種を飛ばして大活躍するという(笑)
 私が紹介してきた中では一風変わった作風で、「ネットって広いなあ」 としみじみ感じた作品でした。好きな作家さんに椎名誠が挙げられてて何となく納得。

網と羽、有情の玻璃

2009.02.25.Wed.07:01
網と羽、有情の玻璃
(掲載サイト:Heaven Can Wait 月海繭子 様)

 武士の台頭がはじまった頃。武家の棟梁の子息、水原義匡(よしまさ)は前大納言の娘、珠珂瑠(すがる)姫と政略的な縁組を結ぶことになったのだけれど・・・。(あらすじ サイト様より)

 アンケートにておすすめいただいた作品です。『堤中納言物語』 の一編、「虫愛づる姫君」 がモチーフの前後編。平安時代後期をイメージしているのだそうです。
 何にも染まらない、珠珂瑠の透明な生命観、世界観に心が洗われる。武士として他者の命を奪い、陰で鬼と呼ばれる義匡にとってもきっと、それが救いなんだろうな、と。
 せつないとも違う、嬉しいとも違う、けれど何かで満たされるような、不思議な読後感でした。淡々としながらも細やかな情緒が感じられる作品です。もう一つおすすめいただいた同じサイト様の 「花守人」 も良かったです!

相雫学園物語 ~戦え! 正義の生徒会~

2009.02.19.Thu.03:04
相雫学園物語 ~戦え! 正義の生徒会~
(掲載サイト:古茶の庵 古茶 様)

 名門私立高校相雫学園の生徒会に、カレーパン爆破の予告状が届いた。学園祭の危機に、正義の生徒会が立ち向かう!(あらすじ サイト様より)

 珍しい選択式マルチエンディングのコメディ短編。選択肢に変なのが混ざってて吹きます! ちなみに真のエンディングへの道は険しいです。デッドエンド数回は覚悟してくださいw

 特設②でご紹介した 「夢食いと観測士」 と同じ作者様の作品です。上記の作品は現代モノですが、この方のファンタジー系の作品はネーミングセンスが素敵なんですよね! もちろんストーリーも。おすすめです!

霜月

2009.01.15.Thu.02:52
霜月 ◆INDEX→NOVEL→霜月 とお進みください。
(掲載サイト:静かに光が満ちていく 小田桐直 様)

 「来ちゃった」 ドアを開けると彼女は笑って立っていた。突然のことで驚いたが、とりあえずうなずいてみた。(あらすじ KONA)

 現代、短編です。泣きました。すげーーー切ない! 切なすぎる! 続編の 「夏の終わり」 (こちらも短編) も非常に良かったです。
 この方の他の短編をいくつか読ませていただいたのですが、どれも 「しっとり」 という言葉がぴったりきます。ドラマチックじゃない普通の日常、けれどそれが、とっても愛おしく思えます。読み手さんの人生経験に比例して、作品を深ーく味わえる気がする。 素敵だー!

病み蛍

2008.10.28.Tue.12:29
病み蛍
(掲載サイト:0℃の夢 スイ 様)

 時代に取り残されつつある家に縛られた少女と、近所のしがない書生。晩夏、どこか享楽的な祭の夜、季節遅れの蛍にこめた想いとは───。(あらすじ KONA)

 維新後の田舎町が舞台の短編。祭の夜に交わされる、勝気な少女・狛(こま)と、書生の久我、二人のやりとりは、どこかもの哀しい。
 季節遅れの蛍、夏祭の華やかさなどの描写がとても美しく、お話を引き立てていますし、自分であるための誇りとそのための喪失の間で揺れる心情が繊細に描かれていると思います。すごくすごーーく良かった!

 それにしても、いろいろ書くとネタばれになるので、短編のご紹介は難しい。

11/01/16追記:サイト名・作者様名が変更になりました。

ふりさけ見れば春日なる

2008.10.15.Wed.01:18
ふりさけ見れば春日なる
(掲載サイト:花迷路 文月夕 様)

 大晦日、地元の小さな町に帰省した圭子の心を揺らすのは、都会で待つ恋人のプロポーズ。(あらすじ KONA)

 長編「白珠の巫女」で有名なサイト様です。もちろん、そちらも非常に面白かったのですが、こちらの短編を気に入ってしまったのでご紹介。
 地元への愛着と、結婚の間で揺れる主人公の心が、繊細に表現されています。私も似たような状況で同じような気持になった事があるので、とても感情移入してしまいました。和歌の引用も素敵。また、作者様の地元、広島の方言がとってもいい味出しています。

 ところで、古典から引用ができる方って、めっちゃ賢く見えるのは私だけ? 他の短編も良かったです! オススメ。

究極のスープforわがまま姫

2008.10.04.Sat.05:46
究極のスープforわがまま姫
(ふみかばんのほーむ 広河陽 様)

 ポーラスター号の3人のクルーは、食事の時間が来るたびに、うんざりしていた。特にこの船のオーナーであるアルビオン星第一皇女シアン殿下のうんざりさ加減は、限界に達していた。(あらすじ サイト様より)

 SF風味のほのぼのコメディ、短編です。素直じゃないシアン殿下がかわいいー 柔らかい文体で、軽めのSFってかなり貴重。

 こちらのサイト様には、SFやファンタジーの短編がたくさんあるので、長編の合間に読んでいこうと思ってます。他に、「My Dear Sister」も良かったです。こちらはSF度がやや高めなシリアス短編。

劇的な親子

2008.09.17.Wed.01:00
劇的な親子
(掲載サイト:張子の城 GildingMan 様)

 あらすじは必要ないほどのSSです。2分くらいで読めます。女子向けでもファンタジーでも恋愛でもないですが、すっごく面白かったのでご紹介! どうぞ読んでみてください。
 しかし、ご紹介する作品がサイトの趣旨から少しずつ外れていくような・・・? おかしいなー。

アステリアの祝日

2008.09.16.Tue.01:26
アステリアの祝日
(掲載サイト:アネクメーネ防衛軍 叶衣 綾町 様)

 暗殺者という正体を隠し、新人侍女としてお城に上がったテスティアは、真面目だけれどどこか抜けている青年貴族、ニクスに仕えている。とある祝日、ニクスの熱心な頼みで、テスティアは彼を街に案内するが───。(あらすじ KONA)

 ほのぼのコメディでアクション風味の短編。後半、テスティアの立ち回りがめちゃめちゃカッコよくて惚れた! 強い女の子大好き。のほほんとしていつもテスティアに突っ込まれるニクスもいいです。この作品、シリーズ化してほしいなあ。

 同じアステリアが舞台で、登場人物が異なる 「アステリアの休日」 も良かったです。こちらはツンデレ風味のラブコメ。

 | HOME | Next »