スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bright Dawn

2014.08.05.Tue.12:21
Bright Dawn
作品一覧 Jules 様)

 吹きつける雪の中、ネル・マクファーレンは馬車に揺られ、悲しみに沈んでいた。4年前に視力を失って以来、どんな男性も彼女と結婚しようとは思わなくなったのだ。そして今、性悪の従兄・ロチェスターに引き取られ、無理な結婚をするようほのめかされている。もう二度と、ネルの世界に光が差すことはないのだと諦めかけていた……突然現れた『彼』 に、助けられるまで。(あらすじ 作者様)

 以前ご紹介した「Lord of My Heart」のスピンオフ的作品。盲目のヒロインと伯爵家の弟のお話です。連載中のヒストリカルロマン。
 前作も大変面白かったんですが、こちらの作品もすごく良いですわー。単品で読めないこともないですが、もし時間があるなら、完結済みの前作から読むことをおすすめします。

 ヒーロー・ローナンはヒロインの理想が服着て歩いているような男性です ユーモアがあって頼りになって、何より、ありのままの自分を丸ごと受け止めてくれるんだもん。そりゃー、一瞬で恋に落ちますって(笑)

 ネルも、前作のヒロインとはまた違ったかわいらしさがあって、本来の明るさや負けん気が垣間見える場面などは、とっても魅力的なのです。
 二人で朝日を見るシーンは、読んでる私のほうも心が温まりました。ええ話や……!
 ここからさらに一波乱ありそうですが、大団円めざして、二人にはぜひ頑張っていただきたい。更新がとても楽しみです。
スポンサーサイト

落陽記

2014.03.12.Wed.12:32
落陽記 【R15】
作品一覧 ココナッツ 様)

 玉兔は寧国の最後の王女であり巫。国を滅ぼされ、敵国、興へと将軍陶雄元に連れて行かれることに。聖地、金烏宮殿で囚われの身となった彼女は、金の足枷をした公子と出会い興国の盛衰に関わっていく。(あらすじ 作者様)

 いやはやー。こんな本格中華FTがネットで読めるとは。すばらしい!
 ゴリッと重厚で、固めの文体がすごく好み。戦記的な要素もありつつ、ベースが少女小説なので、抒情的で、甘さのある、たいへん私得な作品でした。
 個々のキャラクターも生き生きしてるし、西洋や和風とはひと味ちがった、中華風の世界観が面白いです。

 あと、すっごい好きなキャラが途中退場してしまって、じわっときた。無茶しやがって……!
 ほんのり逆ハー要素ありで、そういうのが好きな方にもおすすめ。ひっじょうに読みごたえのある長編。全65話。

 ☆ 続きはいただいた拍手コメントのお礼になります。

 続きを読む

千年ヒヨコと宇宙の卵

2013.11.05.Tue.11:44
千年ヒヨコと宇宙の卵
作品一覧 古池ケロ太 様)

 1464年、ヴェネツィア共和国。 暗殺者として育てられた少年クリスは、元首暗殺の任務のさなか、不思議な少女プルチーニと出会う。 彼女は千年温め続ければ宇宙を生み出すという『卵』を守る自動人形だった。(あらすじ 作者様)

 時代+ファンタジーの中編。全17話。完結。
 ボーイミーツガール、暗殺者、自動人形(ロボット)、動物を連れた少女、ルネサンス期のイタリア、教会……これらの小さなパーツが組み合わさって醸し出される、独特のテイストが、とっても好みでしたー

 人形であるはずの少女が紡ぐ言葉は、おちゃめで、とても温かいんです。
 それこそ、卵が孵化するようなやわらかい温度で、盲目的に神を信じていた少年に、変化をもたらします。
 表層は軽いし、ラノベっぽさもあるのに、読んでていろいろ考えてしまったくらい、深みのあるお話でした。

 「人間は神サマの操り人形なんかじゃない」──千年もの間、人の世を見てきたプルチーニが言うと、ルネサンス期のイタリアってのも相まって、なんかもう泣くしかないだろ! っていう。
 最後は斜め上な展開でびびった。卵って……そうきたか! みたいな。
 やっぱロボットとか、AIもの、いいなぁ。しみじみそう思った作品でした。

冬に咲く花、春を待つ空

2013.10.08.Tue.15:50
冬に咲く花、春を待つ空
作品一覧 つじなつる 様)

 ランバルド王国の王女クリスのもとに、空から舞い降りてきた男・ヴィート。 彼は先の戦争で「不死身の悪魔」と呼ばれた空軍のエースパイロットだった。 国を揺るがす二つの戦争の狭間で、二人の想いは通じ合うのか。(あらすじ 作者様)

 1940年代ごろの、架空のヨーロッパを舞台にした恋愛小説。
 めっちゃ面白かった! 一気読みした!

 小国の次期女王と、先の戦争で活躍したパイロット。二人の邂逅から物語はスタート。
 独立国の誇り、大国の干渉。その狭間でゆれるランバルドで、国を象徴する彼らは、周囲の思惑に翻弄されます。出会いこそファンタジック(空から落ちてくるのは、女の子だけじゃないw)ですが、ストーリーはシリアス寄り。

 こちらの作品、主役の二人がとーっても魅力的なんです!
 ヒーロー氏、ギャップ好きにはたまらないですねー。飄々としつつも頼れる上司だし、恋愛慣れしてそうなのに本命には紳士。誓いのシーンはほんとにかっこよくて、なんかもう泣けてしまった。
 彼のモデルは実在のあの人だと思われますが、にしても、あのゴツイ経歴の持ち主が、違和感なくロマンス小説に馴染んでてスゴイ。

 もうひとりの主人公である王女は、一見すると、王族設定によくある典型的なワガママ姫。でも、その内面は、重圧と若さの間で葛藤する、とても共感できるキャラクターでした。その上、カリスマも備えた美少女。
 そんな若き王女の成長も、見どころだと思います。

 ロマンスを壊さない程度に、迫力ある空中戦や、戦争の過酷さも描写されていて、甘いだけじゃない硬派なところも良かったです。
 全20話、完結。きれいな文章にほどよい長さで、ひっじょうにオススメ。

シスター・オルランドへの手紙

2013.05.01.Wed.01:29
シスター・オルランドへの手紙
作品一覧 山本 水城 様)

 ダチェット伯爵の末の妹・リルは、内気な少女。彼女は、あるシスターと手紙を交わすうちに、いつしか修道院に入ることを願うようになっていた。けれど、兄の旧友だというテディに心を揺らされ────。(あらすじ KONA)

 面白かったですー!
 主人公・リルは、ふわあま系ヒロインです。でも、家庭内での立場は、けして甘くない。
 特に、長兄の伯爵が、彼女に辛く当たります。彼が物語にワサビ的な彩りを添えていて、絶妙な甘辛バランス。
 リルに優しい義姉・アンのキャラも素敵。けれど、過去に起因する、ある問題を心身に抱えるリルは、アンにも本音で話せない。
 
 そんな感じなので、リルが修道院に入りたいと願うのも共感できるし、兄が本心を吐露するシーンは、短いやりとりなのに泣けたー。

 さて、リルの前に現れた熊のような男性・テディは、彼女を翻弄するばかりでなく、伯爵に隠れて何かを探っている様子。ロマンス要素に加え、彼の素性も気になるところです。
 ヒストリカルロマンスらしい、小粋な会話も良かった。締めのセリフにはニヤリとさせられました。完結済。全49部。

亡霊王の花嫁

2013.02.11.Mon.23:34
亡霊王の花嫁
作品一覧 香柳 様)

 ミスカはオアシスの小村に住む少女。いざこざに巻きこまれたあげく、砂漠の廃墟をさまよう亡霊王の花嫁になれと命じられてしまい――?!(作者様のあらすじより抜粋)

 以前に、短編「たんぽぽ仙女」をご紹介した作者様の、シルクロード風中編。全五話。
 滅びた国の亡霊王の噂、空中迷宮、かつて栄華を極めた国の廃墟など、好みの要素いっぱいで楽しかった。

 こちらの作者様は、アラビア風や中華風の、エキゾチックな世界観がとっても魅力的。乙女な恋愛や、程よい伏線、読みやすい文章でおすすめ。

薬屋のひとりごと

2011.11.11.Fri.10:03
薬屋のひとりごと 【残酷描写でR15】
作品一覧 うりぼう 様)

 花街で薬師として働いていた猫猫(マオマオ)は、女官狩りに遭ったがために、後宮で下女として働くことに。己の知識をひた隠しにしつつ、年季が明けるまで、目立たず大人しく勤めあげるつもりだった彼女だが。(あらすじ KONA)

 やーーーー大変面白かったです!!
 中華風の世界観をベースにした、後宮の事件解決もの……ってことになるのかな。

 主人公は、マッドサイエンティスト系ヒロイン。←あんまり見ないですよね(笑)
 しかしそんなことはおくびにも出さず、地味に後宮で働いていた彼女。それがあるできごとをきっかけに、天女のように麗しい宦官・壬氏(ジンシ)に目をつけられることに。

 麗しの壬氏は、何となく彼女に興味津々のご様子。一方で美形に全く興味のない猫猫。微妙に屈折した二人の距離感がすげーツボでした。
 猫猫の度を越した薬好きも笑えますw 淡々とわが道を行く感じがすごい好み!
 ちょっとした謎解き要素もあるので、続きが気になって一気に拝読いたしました。

 てわけで、ものっそいオススメ! 読まなきゃもったいないよ! なレベルです。長編・連載中。

 2012/2/12追記:
 完結したのをよーやく読みました! 最後まで面白かったです。遅ればせながらお疲れ様でした。

Lord of My Heart

2010.12.27.Mon.08:34
Lord of My Heart
(掲載サイト:小説家になろう Jules 様)

 父の命令で、ノースウッド伯爵エドモンド・バレット卿と結婚した、十九歳のオリヴィア。冷ややかでよそよそしい夫と領地に来てみれば、都会で育ったお嬢様の彼女にとって、信じがたいことの連続だった。
 幸せな夫婦生活を願う純朴なオリヴィアと、堅物伯爵の、結婚から始まる関係の行方は? そしてバレット家に伝わる「呪い」とは・・・?(あらすじ KONA)

 リンク先は「小説家になろう」になります。「なろう」のフォントはギザギザして読みにくいなぁと思ってたけど、IE8にしたらツルンときれいに読みやすくなりました サイトの見栄えとブラウザの相性ってあるんですね。

 さてこちら、ゆこさんの「乱読のススメ」で知り、読みはじめたのですが・・・めっちゃ面白いです!!
 シンプルな出だしにガシッと心を掴まれ、気が付いたらどっぷりはまってた!

 とにかくキャラが魅力的で、彼らの会話や行動が、楽しくてしょーがない。主役の二人はすっごく真剣なんだけど、逐一かみ合ってなくてつい笑ってしまう(笑)
 嫉妬・煩悩・独占欲のスリーコンボ決めまくりのヒーロー氏が、木に自分の頭打ち付けるとこは素でフイタw 天然小悪魔なヒロイン、オリヴィアも健気でかわいいです。

 この手のすれ違いものの良作ってほんと楽しい♪ いちゃらぶはずっと先でいいから、ヒーローさんの崩れっぷりをもっと見ていたいです ←酷
 英国北部の厳しい自然が目に浮かぶような情景描写も素敵です。続き楽しみ! 長編、連載中。

13/09/21 先日完結されました! とっても素敵な物語でした。作者様、お疲れ様でした。

令嬢カトリーヌと禁断なる恋の日々

2010.12.26.Sun.12:22
令嬢カトリーヌと禁断なる恋の日々
(掲載サイト:裏庭の午睡 早瀬千夏 様)

 ブルジョワであるラボー家の一人娘、カトリーヌは社交界に出て三年目。けれど、彼女は一向に結婚する気がおきない。理由は、心に秘めた思い人がいるからで────。十九世紀のパリが舞台の、活劇ロマン。(あらすじ KONA)

 題やあらすじからすると主人公はカトリーヌですが、序盤以降はラボー家に仕える執事、フレデリックをメインに展開します。活劇寄りのヒストリカルラブコメディ、といった趣のお話デス。少年マンガっぽさがあって、甘さ控えめなので、男性が読んでも楽しいかも。

 この執事のフレデリック、腕っぷしが強くてクールで、大活躍・・・と書くと、少女マンガ的正統派ヒーローのようですが、どっこい、どことなくダーティでむしろヒール役のが似合いそう・・・と思ってしまったw なのになぜか、かわいさもあって。お嬢様とお揃いのぬいぐるみに愚痴ったり(笑)
 そんなフレデリックと怪盗の対決や、終盤に登場するラスボスとの駆け引きが面白かったです。特にラスボスは悪役らしくしたたかでグッド!

 ベースは明るい雰囲気のラブコメで、身分差、年齢差、このキーワードに反応しちゃう方は楽しめるのではないでしょうか。長編、完結済。サイトのデザインも作品に合っていて素敵です。
 コメントにておすすめいただいた作品です。おすすめくださった方、ありがとうございました!

☆ 続きはいただいたコメントのお礼です ☆
 続きを読む

珪花壁雑歌

2009.11.10.Tue.03:02
珪花壁雑歌
(掲載サイト:ことの葉館 流崎 詠 様)

 千年に渡り栄えてきた色街、珪花壁で守人として雇われた玲珠。妓女に劣らぬ美貌を持ち、双剣の使い手である彼女は、珪花壁でも有数の花形守人として名を馳せていくが────。(あらすじ KONA)

 玲珠の鮮烈な登場を描いた 「氷花凍剣」、その三年後の事件の顛末である 「庭園抄」、続く長編 「夢の果て」 では、暗殺現場に居合わせた玲珠が国を揺るがす陰謀に巻きこまれて・・・いきそうな雰囲気。こちらが現在連載中です。※「夢の果て」は再掲時に削除されています。
 架空の中国が舞台のこの作品、文章がとにかくきれいです! 切れ味のある殺陣や、色街を彩る美男美女、そして彼らの心の機微の描写がほんと素晴らしい。

 また、「氷花凍剣」 の玲瓏さから一転、「夢の果て」 の素朴で鈍感な玲珠がすっごい可愛いのですよ! 気になる男性の言動を、「いやそうじゃないだろ」 と思わずツッコミたくなる解釈をして一喜一憂w 相手は彼女と同じく守人の青怜。こちらもとっても格好良い!

 時代物らしい固めの雰囲気と個人的萌えが両立する二度おいしい作品でした! 美しい文章に酔いたい方におすすめの中華風ファンタジー。

10/12/27追記:一時的に下げていらっしゃいましたが、再掲されました。

 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。