ご案内

2011.03.01.Tue.08:15
→ TOP   ご挨拶とご注意。初めましての方は必ずご一読ください。
→ 紹介作品一覧   ご紹介作品の一覧表。各記事にリンク。


14/02/09 縮小運営中。完結済の中編をメインに読んでます。
14/07/25 裏に一件追加。

風呂場女神

2014.07.30.Wed.12:16
風呂場女神
作品一覧 小声奏 様)

 「なに、あんた。覗き?」 「水を一杯くれないか」
 この一見すると全く噛み合わないちぐはぐな会話が、 日本に住むただの会社員、玉野泉と、後に神聖国ヨー ク・ザイの歴代最善最強の王と謳われる事になるフーロ ンとの出会いであった。(作者様のあらすじより抜粋)

 言わずと知れた有名作。完結したのでまとめ読みしました。おもしろかったー。
 風呂場の窓が異世界と繋がってしまった玉野泉さんが、そこに現れる人々と物々交換しながら、その世界の命運に関わっていくお話。

 基本、ヒロインは素っ裸です。たまにバスタオル巻いてる。そんな無防備な状態なのに、冷静・的確な洞察と判断をし続ける泉さんがかっこいい。イケメンお姉さん。

 風呂にちなんだネーミングも楽しいw そして、「!?」 ってなるオチに唸りました。結末から逆算して書いたんだろうなー。
 ご紹介済の「○月×日、今日は快晴」も大変おもしろいのでおすすめ。

Ask Me Anything!!! 【海外版】なんか質問ある?

2014.07.28.Mon.10:17
Ask Me Anything!!! 【海外版】なんか質問ある?

 今回は、海外版の「なんか質問ある?」をご紹介。
 有名人から一般人まで、いろんな人がスレッドを立てて、質問に答えたものの翻訳。「Ask Me Anything!!!」、略してAMA。興味あるものからぼちぼち読んでます。

 有名人だとビル・ゲイツ、フィギュアスケーターのサーシャ・コーエンのAMAが面白かったです。個人的に一押しはジョージ・クルーニー。猫のトイレにくっそわらったw
 特に感心したのは、彼ら有名人の、ネガティブな質問に対するポジティブな切り返し。さすが。
 まだ翻訳されていませんが、過去にはオバマ大統領のAMAもあるそうです。

 一般だと、コロンバイン高校射殺事件で生き残った人のAMAや、ガザ地区のパレスチナ市民イスラエル兵士という、正反対の立場からのAMAはとても興味深く読みました。
 「昨日自宅を戦闘機に破壊されたけど、なんか質問ある?」などは、世の中にはいろんな体験をする人がいるんだなーとただただ唖然。

 「目から汁が出た」に似た表現があったりして、ネットの雰囲気ってどこも大体一緒なのかもしんない。解答者にも質問者にも、親近感がわきます。リンクは記事一覧になります。

野の涯ての王国 ~女王の結婚~

2014.07.24.Thu.00:46
野の涯ての王国 ~女王の結婚~ 【R15】
作品一覧 鹿紙 路 様)

 「あなたのために生きたいんだ」――野涯国(のはてこく)女王、19歳のアマーリエは、辺境国家である深森国(みもりこく)から、年下の王子を婿に迎える。女王は最初の結婚という過去の傷をもちながらも、彼に誠実に向きあう。彼もまた、彼女を欺きながらも、彼女に惹かれていく。そんな中、野涯国の大諸侯が、不穏な動きを見せ始め……。(あらすじ 作者様)

 忙しくて間が空きました。
 今回は、シリアス寄りの異世界恋愛ものです。秘密を抱えた二人が、少しずつ歩み寄っていく過程が良かったー。

 こちらの作品、描写がとにかくすごい。キャラクターを取り囲む風景だけでなく、心象風景まで目に浮かんできます。
 主役の二人はわりと生真面目だけど、脇役が変人ばっかりで、そのバランスも好みでした。一番好きな脇キャラは、武人として名高い王妹ウーラ。王族なのに字が読めないとか、脳筋ってレベルじゃねえw

 ヒロインの抱える闇は深くて重くて、でも彼女の高潔さは本当に「女王」らしいです。重厚な物語を読みたい方におすすめ。全45話。完結。

 ここから余談。
 続きを読む

戻ってきたよ&ビリギャル読んだよ

2014.06.30.Mon.02:03
 早いものでもう七月間近ですね。やっとこさ戻りましたー。

 お休みしてた間、ネット小説はほとんど読めなかったんですが、書籍は何冊か読みました。
 そのうちの一冊は、「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」(長いw)、通称「ビリギャル」。
 ネットにある分は既読でしたが(リンクはこちら)、学年最下位から慶応に挑むさやかちゃんの話がすんごい面白くてですねー。書籍版はご両親への取材も含めた内容ということだったので購入してみたのでした。
 内容的に強化されてるのは、受験テクニックと、コミュニケーションの専門知識かなーといった印象。さらっと読むならネットで十分かも。
 書籍版は「なるほどー!」と思うこともいっぱいあったので、詳しく読みたい人は本のほうがオススメです。

 たまにはリアル系のお話も良いものですね さて、ネット小説紹介はもうちょっとお待ちくださいませ。ぼちぼち更新したいと思います。

しばらく。

2014.05.28.Wed.14:34
 しばらくネットに繋げられない環境になるため、ブログの更新ができなくなります。
 その間、ご連絡をいただいても対応などできませんので、ご不便をおかけしますがどうぞご了承ください。

 ここから雑記。
 かなん様の「好感度が上がらない」、みかみ様の「勇者イサギの魔王譚」が書籍化されると聞いて、すごく嬉しくなりました。お二人とも、読者へのサービス精神に溢れた方々ですよね!
 かなん様は、長くネット小説界隈でご活躍なさっていて、一方みかみ様は割烹神と言っても過言ではないエンターテイナーぶり。いやはやー本当におめでとうございます!

<紹介済作品>
かなん様
あるりゅうにそだてられたこどものはなし」、「トカゲなわたし
となりのクラスの山田くん」、「王子様は来ない
※「好感度が上がらない」は削除済

みかみ てれん様
ルルシィ・ズ・ウェブログ

2組のかやぐちさん

2014.05.24.Sat.23:40
2組のかやぐちさん
(掲載サイト:Flower cabbage 紺吉 様)

 今回はWEBマンガのご紹介。
 男装女子の萱口さんをはじめ、個性的なキャラばかりで楽しいー!
 一方で、親近感を覚えるエピソードが多いのも特徴です。友達とバカやったり、人間関係の悩みだったり。三者面談の回とか、ほんと「あるあるw」ってなった。

 あと、友達関係がすごく良いなー。
 彼らは仲間の個性を、「そういうもの」として受け入れているので、いつの間にか、萱口さんの男装も、その親友・烏丸さんの隠れ腐女子っぷりも、いい意味で気にならなくなってました。
 女の子も男の子も、みんなすごくかわいいです。いびつさすらかわいい。
 ……ただ、ラスボス的な存在感の本城先輩だけは、まじ怖い。

 ページ最後の画像をクリックすると、続きやおまけがあったりする仕様。(おまけとかが無い回もある) 読み逃しがないようお気をつけて。
 もしホラー耐性があるなら、同サイト様の「狐のはなし」もおすすめ。「かやぐちさん」との落差がすごい。夜中だとかなり怖いよ!

 こちらは、NAVERまとめの「おすすめのWEB漫画」で知りました。高クオリティのWEBマンガを紹介・随時追加している様子なので、ぜひチェックしてみてください

Zwei Rondo

2014.05.20.Tue.02:58
Zwei Rondo
作品一覧 グゴム 様)

 『ナインスオンライン』のプレイ中、柳楽和人はゲーム内で偶然、クラスメイトの望月莉世に出会う。
 プレイを楽しむうちに才能を開花させていく莉世と、マイペースにゲームをやりこむ和人。だが、このゲームの水面下では異常な事件が進行しつつあった────。(あらすじ KONA)

 日常メインかと思いきや、終盤はいい意味で裏切られた、非デスゲームVRMMO。
 各エピソードに伏線を忍ばせつつ、ラストで回収する展開はもちろん、ゲームバランスや各キャラに至るまで、非常に作りこまれています。完結していることもあわせると、かなりの良作。

 頭が切れるサポートタイプの男主人公って珍しいですよねー。テストは赤点ギリギリ、もてる情熱はゲームに費やし、戦闘スキルを切り捨てて、不人気スキルを育てる姿勢はもはや男前w 
 そのかわり、ヒロイン莉世が戦闘がんばってます。無愛想な和人とは反対に、天真爛漫さがかわいい。
 ハーレムとかではないので、女子でも読みやすいと思いますが、私は莉世にかなり感情移入したので、彼女の視点で同じ物語を読んでみたかったなー。

 脇を固めるキャラも、みんなすごく魅力的。
 戦闘狂のファナ。剛毅なギルマス・ガルガンにサブマスターのクールなキャスカ。PKギルドの「妖怪」シャオ、などなど。
 彼らを主役にした番外編も見たかったけど、書く予定はないらしい。残念。

 最後のほうは画面が滲んでしまうような場面もあって、でも爽やかにまとまった、いい物語でした。
 まずは、話が動き始める二章あたりまで読んでみるのがいいと思います。完結済みの長編。全121話。

 ☆ 続きはいただいた拍手コメントのお礼になります。
 続きを読む
 | HOME | Next »