ご案内

2011.03.01.Tue.08:15
→ TOP   ご挨拶とご注意。初めましての方は必ずご一読ください。
→ 紹介作品一覧   ご紹介作品の一覧表。各記事にリンク。


14/02/09 縮小運営中。完結済の中編をメインに読んでます。

短めのお話をまとめてご紹介⑩

2014.10.15.Wed.00:13
 PC版のテンプレをハロウィンぽくしてみましたー。
 さて、今回はコミカル系の短編三作をご紹介します。

救国の英雄の救世主 (田上 伊音 様)
 医術の心得がある村娘が、拉致同然に連れてこられた砦で見たものは、もがき苦しむ騎士たちの姿。彼らの治療に、娘は敢然と立ち向かう──と説明したらシリアスぽいけど、めっちゃ笑えますwww
 キーワードは かゆかゆ と ふかふか。ちょうおすすめの短編!

死んでしまったので、張り切って悪霊になろうと思う (当麻 様)
 雨の日、歩道に突っ込んできた車によって霊になってしまったヒロイン。彼女の悪霊としての活動が地味すぎるw 短編としてはこれでいいと思いますが、続きがあれば読んでみたい。

魔界地獄でバスガイド。 (山藍摺 様)
 ある職業から魔界のバスガイドに転職した娘さんのお話。
 ギャップ、ツンデレなど、萌え要素がいっぱいあるのに、全体的にすごく残念な感じのヒロインです。でもそれがかわいいw 本編三話+番外編二話。各話もそれほど長くないので、さっくり読めます。

 ☆ 続きはいただいた拍手コメントのお礼になります。
 続きを読む

千年童女と機甲兵

2014.10.09.Thu.01:15
千年童女と機甲兵 【R15】
作品一覧 縞白 様)

 『魔女』と『機械の民』が六百年戦争を繰り広げる、荒廃した世界。ごく普通の女子高生だった前世の記憶を持つ少女【ジギタリス2631】は魔女の一人として生まれ、終末世界の戦場で、気まぐれに壊れかけの敵兵ロボット【DD】を拾う。(あらすじ 作者様)

 個人的にツボすぎてヤバい。
 ベースはFTですが、SF的な要素も強いです。非常に殺伐とした雰囲気なので、万人受けするタイプのお話ではないかもしれないけど、「こんな話が読みたかった!」って思うくらい自分にはどストライクだったー。

 ヒロインの透徹した雰囲気、ロボットの一途な感じが、すごーくたまらんかったです。
 最後、ロボットには究極の選択が与えられるんだけど、もう泣けてしょうがなかった。人目がなかったら確実に号泣してたよーーーTT

 「ロボットに魂(意思)が宿るのか」ってSFではよく見るテーマですが、なるほどこれはFTの領域でもあるのだなあ、という提示が興味深い。しかしそれすらこの長くないお話の、構成要素の一つでしかないというのが、すごく贅沢……! って思うんです。
 ……って、語りすぎるとネタバレになってしまうのでこの辺で。

 以前ご紹介した、「皇帝陛下の猫」「極東の烏」と同じ作者様です。
 やっぱり私、この方の書く人外ヒロイン好きだなー。書き手とキャラの間にある冷静な距離感が、なろうではわりと珍しいので、鮮烈に印象に残ります。
 全九話。さくっと読めるので、気になった方はぜひ! 残酷描写は容赦ないので、苦手な方はご注意を。

貧弱魔王さま

2014.09.21.Sun.01:42
貧弱魔王さま
作品一覧 依馬 亜連 様)

 「我は何度でも蘇る!」その宣言通り、魔王は蘇った──ただし、女の子として。貧弱&運動音痴な眼鏡っ子に生まれ変わった魔王さまの、悲喜こもごもな日常譚。(あらすじ 作者様)

 少女で虚弱な魔王様、かわいい 恋愛要素は超薄味ですが、このくらいもいいなーと思ったり。
 現代地球に似てるけど魔法がある世界が舞台。異世界というよりパラレルに近いかも? このお話の場合、世界設定はそれほど話に絡まず、キャラのやりとりが中心です。

 サクサク気楽に読めて、とても楽しかった。全37話。完結。番外編が来てくれたら嬉しいなー。
 以前、ご紹介した「我らが閣下」と同じ作者様の作品です。この間読み返したんですが、やっぱり笑えました こちらもぜひ!

 ☆ 返信不要でメールくださった方、ありがとうございました!

最近読んだ作品まとめ。

2014.09.14.Sun.00:05
 個別で記事を書きたい作品もあったのですが、ちょっと時間が取れないのでまとめてご紹介します。

極東の鴉 【R15】 (縞白 様)
 淡々とした主人公がよいです。世界観も面白かった。
 魔女の複製体に召喚された女性のお話。ほんのり恋愛要素あり。中編、完結。
 以前、同じ方の「皇帝陛下の猫」という短編をご紹介したんですが、低温ヒロインをすごく魅力的に書かれるんですよねー。こっちの主人公も好きです。

楽園のダークコール (宮本あおば 様)
 ハワイを舞台にしたホラー。ハワイの情景がすごくリアルです。和製ホラーとはひとあじ違う雰囲気、ほどよいゾクゾク感でおすすめ。全9話、完結。

魔法の小部屋 (ニニカヤヤ 様)
 長期更新停止中なのですが、ブラックな職場環境に負けない、ずぶといヒロインが楽しくて、何度か読み返してます なんだかんだで仲がいい、スパルタ上司との距離感が好きだなあ。続き来ないかな。

睡蓮の糸 (日室千種 様)
 懐かしの少女小説っぽい雰囲気が好き。
 きれいな情景が目に浮かぶ、整った文章は、読むだけで癒される。ただしこちらも長期更新停止中です。傍若無人な王子の深慮がどんなんなのか、すごく気になるー!

腐ってもタイ! 連載版

2014.09.03.Wed.23:48
腐ってもタイ! 連載版 【R15】
作品一覧 中村沙夜 様)

 竜に乗って飛行する夢を叶えるため、VRMMOを召喚士で開始した青年。しかし、肝心の初期配布の召喚獣は――鯛!?(あらすじ 作者様)

 おもしろかったー。鯛が召喚獣ってw と最初は笑ったんだけど、ただの鯛じゃーなかった。
 鯛改め、鯛子さんを起点に、様々な人外・有名人と出会い、彼らにお使いを頼まれつつレベル上げ……という流れで、正統派RPGを一般人プレイヤーでやってる感じに近いかも。

 あと、食いしん坊な人外・モンスターの皆さんがかわいい これだけいろんな個性の食いしん坊が出揃ってる作品っていうのも、なかなか見ないですね~。

 ほのぼののんびりな雰囲気で、移動中にちまちま読んだりするのに向いてるかなーと思います。男女関係なくおすすめしたい、連載中長編。

 ☆ 続きはいただいた拍手コメントのお礼になります。
 続きを読む

世界はMMO化しました ~円卓の国、神奈川へようこそ!~

2014.08.25.Mon.01:04
世界はMMO化しました ~円卓の国、神奈川へようこそ!~
作品一覧 サイユー&ヤン 様)

 とあるMMOでボスキャラのバイトをしていた朽野 伸也《くだらの しんや》は、突然流れた運営のアナウンスに呆然とした。
『本日をもちましてオラクル社のすべてのコンテンツは、現実世界と融合する為、終了させていただきます』
 そして強制ログアウト。その後の世界は、巨大ロボットや、剣と魔法を使う冒険者が混在したカオスだった。(あらすじ KONA)

 ネトゲの世界に閉じ込められたり転生する設定はわりと見かけますが、こちらは逆で、ゲームが現実世界を侵食したという設定。
 町田駅の地下にダンジョンが発生したり、東京と神奈川が独立して統治されていたり。ロボットものや戦国アクション、交易系ゲームに参加していたプレイヤーは、リアルでもそれぞれのスキルや職業を引き継いでいます。

 そんな感じで設定が面白いし、キャラも良いのですよー。普段モテないオーラ全開の主人公だけど、いざって時には頼りになるし、サブヒロイン的な忍(しのび)の少女が、健気で中二でかわいい。

 戦闘描写は迫力があります。ラスボス的な赤城大佐が、神奈川の守備隊を一蹴するシーンは戦慄。それとは落差のあるギャグパートも楽しい。
 あ、もう一つ、このお話の特徴だと思うのは、「健全な中二病」と言ったらいいのかな。(なんか矛盾してますけど) 全体的に明るい雰囲気なのがとっても良いです。

 ただ、日常描写にやや読みにくさがあり、少し人を選ぶかもしれません。
 未消化の伏線がいくつか残っているので、続編が楽しみです。全51話、完結。

 ☆ 続きはいただいた拍手コメントのお礼になります。
 続きを読む

アイリッシュ・スナイパー

2014.08.15.Fri.10:00
アイリッシュ・スナイパー
作品一覧 鰤/牙 様)

 かつてのVRゲーム黎明期、当時あるMMORPGで〝邪神〟とまで畏れられた少女は今回、ひょんなことからガンシューティングゲームに参加することになった。
 しかし、当時彼女が他のプレイヤーから畏れられていたのは、決してそのゲーム知識やプレイヤースキルなどではなく……。(あらすじ 作者様)

 ざくざく読んでます。ざくざく。今回は、書籍化した「カネの力」スピンオフで、完結済みの中編。「カネ」を読んでなくても無問題でした。
 正確にはVRMMOではありませんが、全感覚没入型ゲーム系の作品なのでそちらに分類しています。

 モラトリアムな女子大生が主人公で、その優柔不断さや、流されやすい感じが、ずいぶん年上の自分から見たらとてもかわいいです。と同時に、彼女の抱える焦燥感が懐かしくもありました。自分にもこんな時代があったなーっていう。

 シューティングゲームが舞台なので、銃火器などの解説が詳しいです。正直ちんぷんかんぷんなのに、きちんとした情報なんだろうなーって思ってしまうのは、主人公のメイク道具の描写に、全く違和感がなかったから。
 なので、銃に詳しい人が読んでも、納得できる内容なんじゃなかろうか、と。あと、説明的でも決して読みにくくない文章なのはさすが。

 最後のバトルとオチに至るまで、とってもおもしろかったー。邪神となった主人公は、二重の意味でスナイパーでしたw 脇役もみんな個性的で楽しいし、こちらも男女におすすめできる作品だと思います。
 | HOME | Next »