ご案内

2011.03.01.Tue.08:15
→ TOP   ご挨拶とご注意。初めましての方は必ずご一読ください。
→ 紹介作品一覧   ご紹介作品の一覧表。各記事にリンク。


14/02/09 縮小運営中。完結済の中編をメインに読んでます。
14/07/25 裏に一件追加。

アイリッシュ・スナイパー

2014.08.15.Fri.10:00
アイリッシュ・スナイパー
作品一覧 鰤/牙 様)

 かつてのVRゲーム黎明期、当時あるMMORPGで〝邪神〟とまで畏れられた少女は今回、ひょんなことからガンシューティングゲームに参加することになった。
 しかし、当時彼女が他のプレイヤーから畏れられていたのは、決してそのゲーム知識やプレイヤースキルなどではなく……。(あらすじ 作者様)

 ざくざく読んでます。ざくざく。今回は、書籍化した「カネの力」スピンオフで、完結済みの中編。「カネ」を読んでなくても無問題でした。
 正確にはVRMMOではありませんが、全感覚没入型ゲーム系の作品なのでそちらに分類しています。

 モラトリアムな女子大生が主人公で、その優柔不断さや、流されやすい感じが、ずいぶん年上の自分から見たらとてもかわいいです。と同時に、彼女の抱える焦燥感が懐かしくもありました。自分にもこんな時代があったなーっていう。

 シューティングゲームが舞台なので、銃火器などの解説が詳しいです。でも、正直ちんぷんかんぷんなのに、きちんとした情報なんだろうなーって思ってしまう説得力。なぜなら、主人公のメイク道具に関する描写に、全く違和感がなかったから。
 なので、銃に詳しい人が読んでも、納得できる内容なんじゃなかろうか、と。あと、説明的でも決して読みにくくない文章なのはさすが。

 最後のバトルとオチに至るまで、とってもおもしろかったー。邪神となった主人公は、二重の意味でスナイパーでしたw 脇役もみんな個性的で楽しいし、こちらも男女におすすめできる作品だと思います。

ただいま、おかえり、いただきます。

2014.08.14.Thu.10:00
ただいま、おかえり、いただきます。
作品一覧 miobott 様)

 一人暮らしの民子が、晩ご飯を食べるお話。(作者様のあらすじより抜粋)

 ほっこりやさしくて、とってもおなかがすくお話。
 SPICE5さまのレビューが素晴らしいので、ぜひそちらをご覧ください。SPICE5さまは以前、作品をご紹介させていただいたのですが(リンクはこちら)、いやーお話作りがうまい方ってレビューもすごいですね。

 うどんに落とした半熟卵を割るときのささやかな幸福感とか、ほんと作者様はよくわかってる!
 いくつかエピソードを追加して、文庫にしてほしいなあ。癒されたい時に手に取って、パラパラっと読みたい。

 作中に出てきた甘いカレー、今度作ってみようと思ってます。おいしそう。
 男性にも女性にもおすすめしたい作品。全16話。完結済み。

すべては運命のままに

2014.08.13.Wed.11:10
すべては運命のままに
作品一覧 かずね 様)

 婚約者だった彼は、私より年若く美しい女と結婚した。これは事実だが、私は悲劇の女ではない。そう断言するカジュライアは、都から離れた地方領主の後継者。婚約者を失って以来、周囲からの同情に辟易してきた。そんなカジュライアに求婚してきたのは、野心や下心を隠さない人物たち。口説いてくれるのは酔っ払いのみという中で、投げやりになったカジュライアが選ぶのは……。(あらすじ 作者様)

 「ビューティフルブルー」さまでご紹介されていた作品です。

 サバサバ系のヒロインだし、求婚者の皆さんは結婚のメリットについて大変あけっぴろげなので、あらすじから想像してたよりも、全然甘くないです。
 男性用の装飾品を贈られたり、武器マニアの候補と倉庫を探索したり、語学の講義を受けたり。笑。

 次期領主として、甘い恋愛よりも実利を選ぼうとする彼女。求婚騒ぎを面白がる父親、困った感じでそれを見守る幼馴染。彼らのやりとりも、楽しいです。
 個人的にはお父さんが好きですねー。豪快で悪ノリ大好きだけど、さりげなく娘を気遣ってたりして。
 全31話。完結済の中世風異世界恋愛もの。

六周年ー!

2014.08.12.Tue.02:21
 ブログを始めてから、早いもので、もう六年が経ちました。
 もともと飽きっぽいので、こんなに長く続くとは思っておりませんでした。自分が一番びっくりです。
 それもすべて、ここに足を運んでくださる皆様、素敵な作品を世に送り出してくださる作家の皆様のお蔭だと思っております。ありがとうございます。

 最初のモチベーションは、「この面白い作品を、どうにかしてもっと世に広めなければ!」というほんとおこがましいにも程がある謎の使命感だった気がします 今は、書き手の皆様に応援の意味を込めて、そして、同好の士である読み手の皆様に、少しでもお役に立てれば嬉しいなーという感じで続けています。
 なろうが台頭したり、書籍化作品が一気に増えたり、ネット小説周辺の事情もだいぶ変わってきましたが、こちらのブログは相変わらず気楽にぼちぼち更新していくつもりです。
 拙い紹介文ではありますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

晴れ、所により異世界

2014.08.12.Tue.01:30
晴れ、所により異世界 【R15】
作品一覧 冬の黒猫亭 様)

 20××年。日本各地の上空に、突如、巨大な魔法陣が現れた。その魔法陣、【空門《スカイゲート》】が輝く時、凶暴な化け物【魔物《フォルズ》】が出現。だが【魔物】たちは、次々と落下し、『死亡』した。
 これは、【魔物】の生き残りと対峙し、特殊能力を発現した人間たち────【異能】と呼ばれる人々と、落下物に負けずしたたかに生きる一般人の物語。(あらすじ KONA)

 やっばいめっちゃ面白かったーーーー!! 好みど真ん中!
 短編+報告書で構成された、オムニバス形式の群像劇。お話はまだ序盤です。続きはよ。

 各話短編が、王道ヒーローものの導入部のような雰囲気で、その後の報告書でアレコレ想像できるのが楽しい! やつらまじもんのヒーローだよ。かっこいいよ。
 須々木さんの魂の叫びは、切実すぎて笑えたw

 ちょっと脱線して語っちゃうけど、物語における「ヒーロー」っちゅうのは、自分より弱いものや、傷ついた仲間を守るために、行動を起こせるキャラクターだと思ってるんですよ。そうであってほしい。個人的に。
 であるからして、たとえば女性向け恋愛もののヤンデレ男性キャラとかを、「ヒーロー」と呼んだりすることに、私としては、若干の戸惑いを覚えなくもないのです。(注:ヤンデレをdisってるわけじゃないですよ)
 この場合、単にヒロインの対義語としての使い方だというのは分かってるんだけどね。自分も便宜的にそういう意味で使ったりするし。するんだけれども! やっぱ、「ヒーロー」と呼ばれるのなら、そこにそれなりの重みとか欲しいなーって。どうでもいいね。すいません。つい厨二思考が漏れ出ました。それもこれも、このお話がツボすぎるせい。

 話を戻すよー。
 魔法陣から化け物が「背中から」降ってくるってのが斬新だし、次はどんな【魔物】と【異能】が出てくるんだろうって考えるとワクワクします。さらに今後、【異能】同士の抗争がありそうで、これまた期待感が高まります。飴食ってた兄ちゃんの存在感ぱない。
 文章はやや読みにくさがあるけど、それを補って余りあるほど面白かったです。このブログのSFカテゴリがツボに入る方に、特におすすめしたい作品。

Bright Dawn

2014.08.05.Tue.12:21
Bright Dawn
作品一覧 Jules 様)

 吹きつける雪の中、ネル・マクファーレンは馬車に揺られ、悲しみに沈んでいた。4年前に視力を失って以来、どんな男性も彼女と結婚しようとは思わなくなったのだ。そして今、性悪の従兄・ロチェスターに引き取られ、無理な結婚をするようほのめかされている。もう二度と、ネルの世界に光が差すことはないのだと諦めかけていた……突然現れた『彼』 に、助けられるまで。(あらすじ 作者様)

 以前ご紹介した「Lord of My Heart」のスピンオフ的作品。盲目のヒロインと伯爵家の弟のお話です。連載中のヒストリカルロマン。
 前作も大変面白かったんですが、こちらの作品もすごく良いですわー。単品で読めないこともないですが、もし時間があるなら、完結済みの前作から読むことをおすすめします。

 ヒーロー・ローナンはヒロインの理想が服着て歩いているような男性です ユーモアがあって頼りになって、何より、ありのままの自分を丸ごと受け止めてくれるんだもん。そりゃー、一瞬で恋に落ちますって(笑)

 ネルも、前作のヒロインとはまた違ったかわいらしさがあって、本来の明るさや負けん気が垣間見える場面などは、とっても魅力的なのです。
 二人で朝日を見るシーンは、読んでる私のほうも心が温まりました。ええ話や……!
 ここからさらに一波乱ありそうですが、大団円めざして、二人にはぜひ頑張っていただきたい。更新がとても楽しみです。

夕日と鏡と私のトラウマ

2014.08.03.Sun.00:35
夕日と鏡と私のトラウマ 【R15】
作品一覧 山石リコ 様)

 夕暮れ時に侵入した廃校は、奇妙な世界への入り口だった。
 半分透明な男に連れ去られた麻奈がそこで目にしたのは、異形の姿の男たち。化け物じみた姿の彼らは、とうに正気を失っていた。
 閉ざされた廃校から出るために、麻奈は懸命に出口を探し出す。タイムリミットは、自分の姿が変わるまで……。(あらすじ 作者様)

 独特な雰囲気で、とってもおもしろかったー。
 時代も場所もちぐはぐな建物に連れてこられたヒロイン・麻奈。その奇妙でデタラメな空間に閉じこめられた異形の男たちと、紆余曲折しながらも、出る方法を模索するが────というお話。

 先の読めない展開と、ひたひたと恐怖を覚える、不可思議な世界観にひきこまれて、一気読みでした。文章、構成、ともにネット小説としては高レベルだと思います。

 男性キャラは美形各種よりどりみどりなんですが……みんな狂気にどっぷりつかってるんですね。なんちゅうかこれは、逆ハーだけど、うらやましくないw
 後半は残酷描写が続くので、耐性のない方はご注意ください。逆に、ダークFTも好きだよー! って方にはすごくおすすめ。長編、完結済。
 | HOME | Next »